言語聴覚士をめざす人は見て!気になる学生生活の様子をまるごと回答

STコラム

こんにちは。言語聴覚士(ST)のかづおと申します。

ここでは言語聴覚士をめざす人が、養成校に入学すると、

「どんな日々が待ち受けているのか?」

といったことをお伝えします。

学生(養成校)時代をリアルに語る情報は少ないので、STをめざそうと考えている方には参考になる内容です。

かづお
かづお

質問形式で語っていきます。

 

▼こちらの記事も読まれています
» 言語聴覚士になりたい人が「悩みやすい」4つの不安にお答えします

スポンサーリンク

言語聴覚士をめざす人は見て!気になる学生生活の様子をまるごと回答

『言語聴覚士の学校に通うってどんな感じだろう?』

といった悩みは、年齢・男女問わず、誰しも抱くはずです。

かづお
かづお

私もそうでした。

そこで本記事は、すべての年齢層でそれなりに共感できる内容でお届けします。

どうぞご安心してお読みください。

入学してくる人はどんな人達?

ごく普通の人たちが入学してきます。

一見普通なのですが、はなしを聞くとみな”人それぞれ”の入学理由がありました。

  • 身内や自分に病気がある
  • 親が医療関係者
  • リハビリの仕事に興味があった
  • 就職に有利だから
  • とりあえず進学しただけ

やる気満々の人もいれば、とりあえず進学した、という人もいました。

ちなみに私は自分の病気(音声障害)がキッカケで、STをめざしました。

かづお
かづお

30歳からSTをめざしました。

入学してくる方、みなそれぞれの生き方のひとつに言語聴覚士があった…というものでした。

学生の男女比は?

STの学生は概ね「女子8割、男性2割」といったところ。

年々、男性の受験者は増えています。

かづお
かづお

ちなみに私は男です。

 

年齢層に幅があったので、なかなか楽しかったですよ。ちなみに専門学校です。

若い子組、大人組で、それぞれコミュニティを作りつつ、互いに交流していました。

医療系の学校は年齢層が高い人達が入学してくるとおもいます。

おなじ年齢層だけで統一されないからこそ、お互い良い刺激になりました。

ただ、ちいさな人間関係は…多少なりありました。これは後述します。

スポンサーリンク

クラス(受験者)の年齢層は?

私は専門学校の昼間部に入学しました。

クラスの年齢層は、7割が進学組(10代)、のこりは大人組のお兄様、お姉さま方でした。

年齢はいちばん上の方で38歳でした。

夜間部には50代の方もいました。

基本的に年齢が上のひとは、皆、やる気が違います。

若い子は大人組のやる気に触発され、クラスの士気は高まります。

専門と大学はどちらがおススメ?

STの養成校は大学と専門があります。

すべての学校を知っているわけではありませんが専門学校だと昼間部と夜間部があります。

学費も違いますし、通う年数も、入学条件も変わってきます。

大学出身者のほうが専門に比べ待遇を良くしている職場もありますが、専門だと大学より早くSTの資格受験に挑めます。

どちらに入学するかはそれぞれの立場で違ってきますので、自分の人生進路と相談です。

 

ただ専門は学校の入試条件が比較的楽といえる分、授業の量はほぼ丸一日なところが殆どでしょう。

スポンサーリンク

余談:学校が提示する「資格取得実績」は注意

学校が発表している「資格取得実績」は鵜呑みにしないでください。

かづお
かづお

本校の国家試験合格率は98%!

実はこれ、からくりがある場合があります。

 

実際にあるのが、

”最終学年の模試成績が一定水準に達していない生徒は、国試を受けさせない”

といったもの。

これは『ほぼ国家試験に合格するであろう生徒のみを選別』して合格率を上げているのです。

このへんは学校説明会で担当者に聞いてみてください。

勉強はキツイのか?

それなりにキツイです。専門でも大学でも。

医療系の国家資格だけに学ぶことはたくさんあります。

実習もありますし、最終学年は国試対策の日々になります。

大変ですが、そこは仲間と先生方で支え合います。

 

専門学校だと、昼間部は「朝~夕方」まで、毎日授業。
夜間部ですと、授業時間は「夕方~21時」など。

ちなみに、4年制大学卒なら2年過程で国試受験できる養成校もあります。

ただし、その勉強ペースは極めてきついです。

どのコースであっても「10代の学生に戻る」というような感覚では後れを取ります。

スポンサーリンク

授業内容は?どんな勉強をした?

解剖・生理学などの基礎医学から失語症・小児科学・心理学に病理学…などなど。

世間をにぎわす感染症(病理・疫学)なんかも学べます。

とにかく、たくさん学びます。

 

かづお
かづお

授業に付いていけるか心配…。

不安になりますよね。
個人の意見ですが、「要領のよい勉強」が大切です。

勉強は長時間やる必要はありません。自分にあった方法で覚えていきます。

テストなんかは赤点を取らない程度に、頭に叩き込めばいいんです。

私の場合は、
苦手な科目は一切勉強しませんでした。

そういった科目は他人がつくった「授業のまとめ」をもらったりしてました(汗)

 

勉強が苦手な人はかならずいます。

そういう人は他人を頼ればいいんです。
人に頼るのが苦手なら、ネットを駆使してください。

今ではいろんなサイトやアプリで学べます。

休みの日はなにしてた?

寝てました。
ゲームしてました。

かづお
かづお

30歳過ぎにしてはヤバいですよね(笑)

もちろん、勉強もしてましたよ…。

あとは洗濯物干したり、部屋の掃除したり。あとゴキブリホイホイ買ってきたり。

食事は、近くのコンビニや外食でした。たまに自炊。貯金を崩しながらの生活でした。

 

女性陣は「ディズニーいってきた~」とか言っていましたね。なんだか楽しそうでした( ̄ー ̄)

飲み会とかは最初のうちはありましたが、授業がきつくなると開催頻度は減りました。

 

2年生になると休日に何人かで集まって勉強会をしていました。

でも、休みは基本遊んだほうがいいです。

個人的な意見ですが、学生時代は「遊び6、勉強4」ぐらいの人が国家資格に合格しています。

実習はたいへんだった?

はい。大変です。

医療関連の資格はほぼかならず「実習」というものがあります。

まず病院や施設に行って見学します。

見学を終えてからは実際の患者さんを相手に、症状の評価や訓練プログラムを立案します。

実習は最低でも3カ月程度は挑まなければなりません。

 

かづお
かづお

学生にそんなことできるの!?

いえ、できるわけありません(笑)

だから、実習なんです。
でも、勉強はしていかないときついです。

いまはどうか知りませんが、実習前にはある程度勉強しておかないと毎日の「課題(デイリーレポート)」提出ができなくなります。

 

医療の資格は取得までなかなかきびしいです。

ですが、それだけ責任感のある誇らしい仕事なんだということが実習を通じて学ぶことができます。

スポンサーリンク

バイトはできる?

バイトは…1年生ならまだできます。

でも推奨しません。

ST科は学ぶことが多いので、学校→バイト生活だと、授業中確実に”寝ます”

そうなると授業に後れを取り、学校がつまらなくなります。

最終的に、学校辞めます。ホントです。

 

かづお
かづお

でもお金ほしい…。

うん。わかります。

ですが、バイトはほどほどにしたほうがいいです。

「バイトのほうが楽しい~!」
という”現実逃避組”がかならず出現しますが、それでは本末転倒です。

人間関係はどうなのか?

年齢層によって、コミュニケーションはかわってきます。

私のクラスは当初40人ほどの在籍で、仲は良いほうでした。

というのも、私以外の社会人組がみな大人だった…。クラスをまとめて調律感を出していました。

 

ただ、見えないところで問題もあったと思います。

女性が大半を占めるクラスで、かつ、専門学校ならではの閉塞感もあり、居場所を保てない子もいました。

「クラスになじめなくて…」

こういった相談の相手になったこともありました。

 

人間同士なのでいろいろあります。

いろいろありますが、目指すゴールは一緒なんです。

最終的(国試間近)にクラスは一体感に包まれます。

恋愛なんかもあるのか?

学校ですからね…まぁ、ないことはありません。

わたしのクラスでは「おとなの男」がモテる傾向がありました。

かづお
かづお

実際に付き合ったカップルもいます。

(歳の差13のカップルでした)

ただ、夜間部は成人組クラスですので恋愛は希薄になると思います。

 

わたしは…特になかったのでこれ以上は語れません…。

おとなの男性は「言語聴覚士科」への入学を考えてみてはいかが?(宣伝)

スポンサーリンク

キミも言語聴覚士にならないか?

ここまでおつかれさまでした。

言語聴覚士は貴重なお仕事です。

ですが、何年たっても現場では人手が少なく、なのに需要があります。

「すこしでもSTになろうとする人への情報源となれば…」

そんな思いで本記事を書いてみました。
これを機に、STの仲間が増えることを願っています。

ではではー。

 

▼こちらの記事も読まれています
» 言語聴覚士になりたい人が「悩みやすい」4つの不安にお答えします

STコラム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました