【DbD】なぜ煽るのか?なぜ煽りだと感じるのか?【脳科学で考察】

ゲーム

DbDをプレイすると遭遇する「煽り」行為。みなさんはどのように感じていますか?

「不快だ!」という声の一方で「戦略」「ルール的に問題ない」という意見もあります。

そこで本記事では、膠着状態にあるDbDの煽り問題について、脳科学で考えていきたいと思います。

お伝えする内容はおおまかに以下の4つ。

  • なぜ、煽りが生じるのか?
  • なぜ、煽りだと感じるのか?
  • 煽る人と煽らない人の違いは何か?
  • 煽りの対処法は?

本記事はすこし長めですので、お求めの情報は下にある目次から飛んでください。

とくに”煽り感情のコントロール”という項はわりと重要です。

※当方は医療関係者として脳神経学には一部関りがあるものの、本記事は一個人の考察にすぎません。

スポンサーリンク

【DbD】なぜ煽るのか?なぜ煽りだと感じるのか?

DbDにおける「煽り」とはどのような行為なのか?まずは確認から話しを進めていきます。

ゲーム上での代表的な行為を上げてみます。

  • 連続屈伸
  • 過剰な通知モーション
  • 過剰なライトカチカチ
  • ケバブ
  • (チート行為)
    …などなど…

※チャット、メッセージといったプレイ以外による中傷・暴言などはここでは触れません。

ここではこれらを「煽り」と定義してお話しします。

ちなみに煽り行為はBANの対象ではありません。
BANであれば”禁止”のひとことで済む話しです。

ですが、そうではありません。
そのため煽りの議論は絶えることなく行われるのだと思われます。

煽りに対するDbDの公式見解「”嘲笑する意思”があるかどうか」

公式では煽りをどう考えているのか?

フォーラムで交わされた議論をのぞいてみると、公式ではこう述べています。

“煽り”に関係する考えの根幹として「ゲームにおいて煽りは行為者に“嘲笑する意思”があって初めて成り立つ」と捉えています。

»「タゲ取りとしての屈伸・エモート(手招き指差し)→煽り」の考えは誤りだと思いますが、皆さんの認識を聞きたい。

公式では煽り行為者に”嘲笑する意思”があるかどうか、という見解を述べています。

 

ですが、煽り行為を行ったプレイヤーに「嘲笑する意思」があるかどうかは、その本人に質問してみないと分かりようがありません。

分かりようがないのですが…、

人間はその状況や文脈から、相手の意図する行為がなんなのか?

を、推察することができる生き物です。

スポンサーリンク

なぜ、煽りと認識するのか?学問「語用論」より

ここから脳科学的な話しになります。

人には、ことば以外からでも状況や文脈から「言語的な意味を想起する能力」を持っています。

たとえば、”相手に向かって手を出す”という行為。

これだけでは何を意味するのか判断できませんが、相手が何かを食べている状況であれば「ちょうだい」を意味するのかも?と想像力が働きます。

» 語用論(Pragmatics)とは何か?

 

このように「話し手(動作主)が伝えたいと思っている意味」を理解できるのはどうしてか?を研究する学問に”語用論”という分野があります。

そこでDbDの特定の行為を、私たちはなぜ、煽りだと認識するのか?について語用論から考えてみようと思います。

これにより、煽りの線引きや定義化などに迫ることができるかも知れません。

「語用論」は前頭葉、右脳などが関与しているとされます。つまり脳です。

» 語用論 – 脳科学辞典

語用論で分析する、DbDの煽り

あくまで個人の考察です。

DbDにある「せっかちな行動(通知音)」を例に取ります。

せっかちな行動はサバイバーの居場所をキラーに知らせてしまう行為であり、鯖側にとってゲーム展開が不利になるかもしれない行動です。

基本的にはチェイス中以外であれば、物静かな行動が推奨されるはずです。

 

ですが、この通知音をキラーから一定の距離がある場所で、”連続かつ数分”にもわたり通知した場合、せっかちな行動単一では感じられなかったメッセージ的な意味を付与して考えてしまうと思います。

「その行為は、想定した使われ方とは逸脱しているのではないか?」
「もしかして煽りなのか?」

と分析するのは、ひとの持つ語用論的な認識が機能しているからだと考えます。

ゲーム内の通念を理解しているかどうかも絡んではきます(後述します)。

そしてこの分析は各々の”社会性”に基づき、適切かどうか判断されます。

したがって、プレイヤーの社会性次第では、煽りに対し、何かしらの違和感を感じるのは妥当なのではないでしょうか。

» 語用論の基礎を理解する – 東京大学
» 言語と心の理論の関連を考える (Language and theory of mind)

DbD公式による「煽り議論の最終的な目的」にむけて

DbD公式では、煽り議論の最終目的を(意見の)乖離するユーザー間の相互理解と述べています。

ただし、煽りの定義は恣意的しいてきな部分があります。

そこで語用論などといった各々方面からの意見を重ね合うことで、ユーザー間の見解はまとまっていく…かも知れません。

お次は、煽りについて「ホルモン」と「感情」の面から考察していきます。

スポンサーリンク

【DbD】煽りについて、脳科学にて考察【ホルモンと感情】

DbDはゲームの構造上「集団と個」を明確に分けた非対称型のゲームです。

よく聞くのが「キラーをやっていると頻繁に煽られる」というもの。

たしかに「煽り=鯖」みたいなところがありますが、何故、サバイバー側からの煽り行為が目立つのか?

そこには「オキシトシン」という脳内ホルモンが影響しているかも知れません。

鯖の煽り行為は「オキシトシン」の影響かも

サバイバーでのプレイ中、私たちは「オキシトシン」という脳内ホルモンの影響を受けているかも知れません。

オキシトシンとは、愛情や社会行動の形成などに重要な働きをするホルモンです。

「幸せホルモン」などと度々話題になりますね。

オキシトシンは集団の結束力を高める効果もあり、連携力が試されるサバイバーはオキシトシンの影響を受けているのではと考えます。

 

オキシトシンは素晴らしいホルモンなのですが、

集団力を崩そうとする存在にたいし、”敵意”を向けてしまう性質をも含んでいるといいます。

そのため、キラーは鯖からの煽りを受けやすいのかも知れません。

» 結束の強い社会ではフリーライダー叩きが激しい
» オキシトシン神経系を中心とした母子間の絆形成システム

もしかしたら鯖は、DbDに煽らされているのかも?

オキシトシンに続く、考察です。

ゲーム中、鯖は意識せずとも、集団を崩してくるキラーに対して、次第に”敵意”が高まるとします。

よくある煽りといえば、ゲート前の連続屈伸やライトカチカチではないでしょうか。

脱出が確定した瞬間、まさに安全圏であることを場所をいいことに、キラーへの敵意を爆発させ、感情のおもむくまま対戦相手に無礼をはたらいてしまう。

ひとによっては試合中、熱くなってしまい、ついキラーを煽ってしまう人もいれば、PTの集団心理で気が大きくなり、煽るひともいるでしょう。

ただ、こういった感情は誰しもが持っており、オキシトシン影響を少なからず受けているはずです。

そのためDbDは、ひとのもつ”煽り感情”を誘発しやすいゲームデザインなのかもしれません。

DbDによって煽らされている…!?

ですが、煽らない人もいます。

では「煽る人と、煽らない人」との違いは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

煽り感情をコントロールする脳のはたらき

この記事内ではわりと重要でして、”DbDだけではない”お話しになります。

人間関係でイラッ!と、感情的になった経験は誰もがあると思います。

感情的になっても人の前だけに、なんとか冷静な自分に立ち返ることができた…はずです。

それが画面越しのネットゲームとなると、対人意識の薄れから、抑制すべき感情が丸出しになりやすい傾向があります。

その理由には、大人の脳みそと呼ばれる”前頭葉”の成熟さが絡んできます。

» 前頭葉 – 脳科学辞典

自制心や社会性にかかわる脳「前頭葉(前頭前野)」

成熟した”大人”が煽りまくる…というのは考えにくいでしょう。

それは前頭葉(前頭前野)と呼ばれる「大人の脳みそ」の成熟さが関係しています。

前頭葉(前頭前野)は言語や感情の抑制、コミュニケーションの分析、判断といった高度な認知判断に欠かせない脳領域です。

» 引用:病気が見える|脳・神経(大脳皮質)

DbDのみならず、煽りという、野蛮な行為を平然とやれてしまう人の脳は、この前頭葉(前頭前野)の成長に未熟さがあるのかもしれません。

前頭葉の成長はとっても時間がかかる

ただしこの前頭葉、成熟にはとても時間がかかります。

前頭葉の成熟には「20代半ばから後半まで」時間を要するといわれます。

» 社会脳の成長と発達

脳の成長って、けっこう時間がかかるんです…。

というのも、私たちの脳みそは、前頭葉の成長よりも「感情をつかさどる脳」が先走って成長してしまいます。

そのため、若いうちは、感情的・衝動的ともいえる行動に出がちなのです。

年配より、若者が活気的なのはこういった理由なんですね。

 

一概には言えませんが、

試合中に「あっ…これは…」と思える煽り行為に遭遇したら、もしかしたらそれは行為者の”脳の成熟さ”が関係しているかも知れません。

» 10代の向こう見ず 原因は脳の「ミスマッチ」
» 【DbD】あなたの年齢を教えてください|電撃playstation

 

…とはいえ、

昨今のニュースでは40代の煽り運転など、年齢に比して精神発達の未熟さを感じさせる出来事があります。

脳の健全な発育のためにも、”若いうちから社会性を意識した行動”が望ましいといえます。

» 人間は30代になるまで本当の“大人”にはならない?|BAZAAR

スポンサーリンク

【DbD】それぞれの煽り認識

脳科学から話しは変わります。

私の知り合いで、連続屈伸を煽りだと考えていない人がいました。

知り合い曰く「お礼」だと考え、ゲート前などで連続屈伸をおこない、キラーに対戦の礼をしていたと。

ここまでお読みの方には信じられないでしょうが、ホントの話です。

DbDにて、ロバート山本さんの煽り行為

ロバート山本さんのゲート前行為は物議になりました。

» ロバート山本、DbDで意図せず煽り行為をしたことを謝罪

ご本人「初めて知りました」と前置き後、謝罪されていました。

初心のうちは「その行動がなにを意図するものなのか?」存じない方もいます。

私自身、初期の頃、ケバブをすると鯖の体力を奪えると思っていました。
スポンサーリンク

【DbD】煽りを受けたらどうするべきなのか?【対応と世間の目】

さいごに「煽りの対応」と「世間の目」についてお話しします。

煽り行為への対処法とマインド

煽りを受けて私たちにできることは、
「ブロック」と「マインド変化」でしょうか。

不快と感じるようであればブロックが望ましいでしょう。

ブロックしてもロビーで遭遇することはありますが、そしたら退出します。
それにブロックしておけば、ファンメも防げます。

 

マインドについては、「自分でコントロール不能な領域で悩まない」ことです。

相手の言動は変えることはできません。
しかし、自分のなかにある認識は自分次第で変えることができます。

それに「煽り=嘲笑」だと決めつけないほうがよいでしょう。

プレイヤーによってはゲームの通念を知らなかったり、その人なりの考えやコミュニケーション(先ほどの”お礼”など)かもしれません。

ただし、目に余るような煽りモーションをする者もいます。

それは無視でよいかと思います。
そんな人をあなたが相手する必要は何ひとつありません。

試合は崩壊するかも知れません。
ですが、楽しむはずのゲームで不快になることもありません。

煽る相手のことをいろいろ考えてしまう方へ

DbDはネットゲームですので、世界中の多種多様な人がプレイしています。

その多様性を理解していても、私たちはつい、煽る相手のことを”自分とおなじ目線”で捉えてしまいがちではないでしょうか。

それは年齢・性別にしかり、国や文化、生い立ちなど、すべてがあなたとは異なる存在なはずです。

なかには感情のコントロールがまだ未熟なプレイヤーもいるはずです。

年齢制限を破ったキッズによるものかも知れません。

自分の中の倫理観を通して相手の行為を考えてしまうと、そのモラル認識の違いに、一方的に不快になってしまいます。

そうなった場合は一旦DbDから離れてみてはいかがでしょうか。

時間が経ち、メンタルが変化することで、相手の行為を違った目線で捉えられるようになるかも知れません。

スポンサーリンク

今の時代、煽りをするのは危険「世間の目」

ネット・SNS・配信…
現代社会は「世間の目」が至ることろにあります。

DbDは「動画配信」が盛んなゲームです。

煽ることで自らの言動を衆目に晒してしまい、最悪、なにしかしらの被害に発展するかもしれません。

実際過去にネットの「煽り」で殺人事件にまで至ったケースがあります。

いまは良くても将来そういった動画を周囲に発見され、若気の至りでは済まさず…
未来の自分に悪影響を与えてしまうかも知れません。

たかがゲーム、されどゲーム。
後先のことを考えた行動を心掛けたいところです。

 

DbDのみならず、すべてのゲームで楽しい時間を共有していきたいものですね。

ではではー。

ゲーム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました