【dbd】なぜ煽る人が多いのか?【精神が未熟な人ほどよく煽る】

ゲーム

dbdをやっていると遭遇する「煽り」行為。みなさんはどのように感じていますか?

「不快だ!」という声の一方で「戦略」や「娯楽」などと感じている人もいるようです。

さて、楽しむはずのゲームにて人はなぜ煽り行為をしてしまうのか?
その仕組みや対策について、文献などを参考に考察してみました。

 

▼こちらの記事も読まれています
【DbD】素振り放置キラーの正体はbot【BAN対象になる行為】

スポンサーリンク

【dbd】なぜ煽る人が多いのか?【脳科学で考察してみた】

対人ゲームに付きものな煽り行為。

「煽りは戦略だ」だなんて声もききますが…ホントにそうなのでしょうか?

よくある煽りをあげてみます。
(チートとチャットは少し別枠ですが)

  • のゲート前煽り
  • 過度なエモーション
  • 過度なライトカチカチ
  • キラーのケバブ
  • (ファンメや中傷チャット)
  • (チート行為)…などなど…

(キラーのケバブは”鯖に煽られての腹いせ”なんかも考えられますが…)

最近とある配信動画から「ライト旋回」の話題となり、煽りの定義について議論が進んでいます。

さて、なぜ人はゲームで煽ってしまうのか?調べてみると、どうやら人間の精神面や、本能的な部分が原因のようです。

dbd(対人ゲーム)は人の本能を駆り立てる!?

人間には「自分を他人にアピールしようとする本能(承認欲)」があります。

「有名になりたい」「強くなりたい」とか、そんな本能です。

dbdは対人ゲーム(勝負事)なので、「俺つえー!!」みたく、自分の存在をアピールするにはもってこいのゲームです。

人はこの欲求を満たすために、日々切磋琢磨して生きています。

ただ、この承認欲、努力の有無にかかわらず、不健全な方法でも満たすことができます。

その不健全な方法のひとつが「煽り」です。

スポンサーリンク

煽りは精神未熟者が「欲求」を満たせる手っ取り早い方法

「煽り」や「中傷」という手段をつかえば、たいした努力をせずとも「承認欲・優越感」を満たすことができます。

» 承認欲求についての心理学的考察

たとえば、板スタンで「連続屈伸」「頷き」なんかは、やった側は一瞬気分よくなるでしょう。ただしこれは対戦相手への敬意を示せないという未熟さが丸見えです。

こういうひとは、自分の思い通りにいかないことに腹を立たせ、安全な立場から、うさばらしをしたりします。

言い訳ぐるしい「ファンメ」や「チャット」がいい例です。

» 敵を見下すことで自己肯定感を高めるのが本質
» 素朴心理学に基づいた防衛機制に関する考察

また、PTプレイで態度が大きくなるのも、群れることで自分の弱さ(自己肯定感の)低さを覆い隠しているのでしょう。

▼承認欲については、わりと正しい理解が必要です
» まんがで身につく アドラー 明日を変える心理学

年齢(精神成熟度)が低いうちは煽ってしまうかも

精神発達が未熟なうちは感情的になりやすく、つい相手を煽ってしまうことも。

キッズって称されたりしますね。

ただしこの精神年齢ですが、「実年齢=精神年齢」とは限りません。

成人であっても平然と煽る人がいます。

この辺については、脳科学の側面から考えてみようとおもいます。

スポンサーリンク

【dbd煽り】なぜ煽るのか?脳科学から煽り行為を考える

dbdはゲームの構造上「集団と孤立(異端)」を明確に分けた非対称型のゲーム。

鯖とキラーとではガラリと印象が変化します。

良く聞くのが「キラーをやっていると頻繁に煽られる」というもの。

何故、サバイバーは対戦相手のキラーを平気で煽るのか?
そこには脳内ホルモンの影響が考えられます。

dbdの煽り行為は「オキシトシン」の影響かも

恐らくですが、鯖でのプレイ中は「オキシトシン」という脳内ホルモンの影響を受けているのではと考えられます。

「オキシトシン」は他者との絆を感じたときに分泌されるホルモンです。

「オキシトシン」は近しい人との愛着を強め、集団の結束を高める働きがあります。
日本人は地理的環境のせいか、集団の結束を個人の意思より優先することを美徳とする傾向があります。

» 幸せホルモン?「オキシトシンが母から子に与える影響」
» 結束の強い社会ではフリーライダー叩きが激しい

オキシトシンは素晴らしいホルモンなのですが、集団力を崩そうとする存在に敵意を向けてしまう性質をも含んでいるといいます。

そこで異端者たるキラーは攻撃の対象(煽りやファンメ)になりやすいのかも知れません。

個人よりも集団を重んじる日本文化。
日本人がキラーをやりたがらない理由はこういう背景があるのではと考えます。

スポンサーリンク

煽らない人は「前頭葉」が発育している人

ゲームのみならず、「感情のコントロール」は欠かせません。

強いキラーに負けた腹いせに、つい感情的になり、嫌がらせをしてやろうなんて思ったりしたこと…ありませんか?

若年層は脳の発達が成人に比べ未熟であり、感情のコントロールが難しかったりします。

脳には”前頭葉”と呼ばれる、いわゆる「大人の脳みそ」があります。この前頭葉の発達しだいで、社会的な行動に至れるかどうかが決まってきます。

対して、感情をつかさどる脳の部分は前頭葉よりも先に発達します。

そのため、若いうちは感情的な行動に走りがちになるのです。

前頭葉の成熟には”20代の後半まで”かかるといわれます。

» 社会脳の成長と発達
» 10代の向こう見ず 原因は脳の「ミスマッチ」

強いキラーに負けた腹いせに、つい感情的な言動に走ってしまう…前頭葉の発育が気になります。

【dbd煽り】言語の違いによって煽りの捉え方は変化する

実のところ、この煽り行為。感じ方には個人および、文化的にも差があります。

日本と外国の違い…というやつですね。

全てではないですが、私が視聴した限り、外人さんのdbd配信はけっこうハチャメチャな印象があります。

そこでこんな文献を目にしました。

日本語は周囲の人々に配慮した感受性の高い言語である。
日本的な寡黙さや謙虚さはあくまで日本的価値観であって、外国では日本的美徳は打ち消されてしまう。

» 言語の背景には国民性や価値観がある

日本人が不快に感じる「煽り」であっても、言語(国)が変われば、その捉え方は変化するのだと。

言語の違いが、それぞれの文化を形成しているのですね。

スポンサーリンク

【dbd煽り】初心ゆえに煽りと理解していない

私の友人で連続屈伸を煽りだと知らない方がいました。

友人曰く「挨拶やお礼」と思い、ゲート前で連続屈伸にてキラーに対戦の礼をしていたと。

煽りの定義は恣意的ですが、プレイヤーそれぞれの意見によって統一された見解に導かれます。

dbdにて、ロバート山本さんの煽り行為

ロバート山本さんのゲート前行為は物議になりました。

» ロバート山本、DbDで意図せず煽り行為をしたことを謝罪

ご本人「初めて知りました」と前置き後、謝罪されていました。
最初のうちは「その行動がなにを意図するものなのか?」存じない方もいます。

私自身、最初期の頃、ケバブすると鯖の体力を奪えるなんて思っていたことがありました。

あのときのサバイバーさん、ごめんなさいmm

スポンサーリンク

【dbd煽り】まとめと煽り対策

ここでまで「煽り」について、個人的な考察をまとめます。

  • 承認欲求や自己肯定感
  • 年齢的な成熟度
  • 脳の発達やホルモンの影響
  • 言語による思考形成
  • 煽りだとわかっていない

あくまで個人の考察による範疇であり、絶対的な答えではありません。

煽りはブロックするのが一番か

不快に感じたらブロックしましょう。
そのための機能です。ストレスは脳に良くありません。

また、こちらから相手を諌めるようなメッセージを送るのは無意味です。

その個人の成熟度の問題であり、人の発達には十分な時間とそれなりの環境が必要です。

感情が高ぶりやすい人は「6秒我慢する」。これだけで損をしない人生が開けます。

全年齢層で楽しめるネット環境において、すべてのひとがマナーを意識するというの難しいでしょう。

スポンサーリンク

【dbd煽り】今の時代、煽りや誹謗中傷をするのはかなり危険

煽りを楽しむ文化もあるでしょう。しかし日本では炎上します。

dbdは「YouTube配信」が盛んなゲーム。

煽りまくった相手がライブ中の有名配信者とかだったらシャレになりません。

誰でも配信に遭遇する時代です。自分の身の振りが見られる時代です。

こちら側としては、断りもなく配信させられている訳ですが…まあ、それも時代の流れなのでしょう。

それと、ファンメ(誹謗中傷)なんかは訴えられる時代です。
匿名性が担保されてたネット時代はもう過去の話し。

dbdのみならず、すべてのゲームで健全で楽しい時間を共有していきたいものですね。

では。

 

▼こちらの記事も読まれています
【DbD】素振り放置キラーの正体はbot【BAN対象になる行為】

コメント

タイトルとURLをコピーしました