【DbD】なぜ煽るのか?その理由を脳科学で考察【対処法も解説】

ゲーム

DbDをプレイすると遭遇する「煽り」行為。

なぜ、一般的に”不快”だとされる行為をしてしまうプレイヤーがいるのでしょうか?

調べてみるとそこには、脳の仕組みが関係しているようです。
ここでは煽りの仕組みを「脳科学」で調べ、考えてみました。

 

※本記事は「長め」のため、余裕をもってお読みください。
※当方は医療関係者として脳神経学には関りがあるものの、本記事は一個人の考察にすぎません。

【DbD】煽りの原因を脳科学で考察【ホルモンと偏桃体】

「煽り」とされる行為をいくつか挙げてみます。

  • 連続屈伸
  • 過剰な通知音
  • ライトカチカチ
  • ケバブ
    …などなど…

考え方はそれぞれあるにしろ、これらの行為は一般的に「煽り」という認識に集約されていきます。

よく聞くのは「キラーをしていると煽られる」というもの。DbDでは一体なぜ、サバイバー側からの煽りが目立つのでしょうか?

その原因のひとつに、「オキシトシン」とよばれる”ホルモン”の影響を受けているのかも知れません。

鯖の煽り行為は「オキシトシン」の影響かも

オキシトシンとは「社会行動・集団性」の形成などに、重要な役割を担うホルモンのことです。

DbDはその構造上、サバイバーには常に”連携力”が試されており、プレイ中には少なくとも、オキシトシンの影響を受けているはずです。

オキシトシンは素晴らしいホルモンである一方で、私たちにべつの感情を生じさせます。

それは相手が異質であったり、集団力を崩そうとする存在に対して、”敵意”を向けてしまうという性質。

» 結束の強い社会ではフリーライダー叩きが激しい
» オキシトシン神経系を中心とした母子間の絆形成システム

鯖にとっての異質とはキラーを指し、また、敵視相手への表現として「ゲート前煽り」なんかがあるのかも知れません。

表現とは違いますが、ドクターはそっと治療を見守ります

ゲームなのに、なぜホルモンに左右されるの?

私たちは日常多くのホルモンの影響をうけています。

成長や代謝といった生理的なことから、感情の抑揚なんかもホルモンによって左右されており、なかでも「不安や不快」などのストレスには敏感に反応するよう、脳によって仕組まれています。

それは今にくらべて危険な時代であった古来の人たちが、環境の変化をいち早くキャッチするために発達させてきた、脳の警報装置偏桃体へんとうたいによるものです。

集団をつくり、”異質”を排除する。すべては生き抜くために…。

先祖たちにより培われた偏桃体ですが、今の時代ではかえって”反応しすぎている”といわれます。

たとえばSNSでの中傷。
自分の価値観と合わない人にはとことん攻撃的になる人がいます。まさに自分に取っての”異質”の排除です。

排除することで”心の安心感”を得ようとするのです。

私たちの脳は発達してきたものの、いまだネット社会に適化しておらず、狩猟時代の脳のまま、現代社会を生きているのです。

そんな原始的な脳のまま、(殺伐とした)DbDをプレイしているのですから、ホルモンの変化に左右されるのは無理もありません。

こういったことを詳しく説明している本があります。

この本、現代人は読んでおいた方がよいです。とくに若い方。

ですが、煽らない人もいます。むしろ煽る人は一部でしょう。

この違いは何なのでしょうか?

【DbD】煽り感情をコントロールする脳領域【前頭葉】

感情を駆り立てる「偏桃体」。
そのはたらきを制御する脳領域も存在します。

それは「前頭葉ぜんとうよう」とよばれ、脳の前方部分に位置します。

前頭葉の位置は大まかに言うと矢印の辺りです

偏桃体がアクセルなら、前頭葉はブレーキ。
こんな単純ではないですが簡単にいうとそんなイメージです。

わたしたちが人間らしく、”理性的”であるためには、前頭葉の成長がかかせません。

ゲームにも影響する「前頭葉(前頭前野)」のはたらき

前頭葉(前頭前野)とは、言語や感情のコントロール、コミュニケーションの分析、判断といった高度な認知判断に欠かせない脳領域です。

» 引用&参考:病気が見える|脳・神経(大脳皮質)

前頭葉の成熟さは、ゲーム内の行動にもあらわれます。

DbDは一応「対戦」ゲーム。
勝敗を真摯に受け止められる人もいれば、他人のプレイにイラ立ったり、カニバルでケバブっちゃう人もいます。

たとえ感情的になっても、画面の向こうは同じ人。

試合後に自分を反省できる人は、前頭葉のはたらきが正常だと考えられます。

ですが、恒常的に「煽り」を繰り返してしまう人は、かなり問題です。

前頭葉は「自分の言動を相手がどう思うかを理解する」チカラも有するため、頻繁に煽る人は、衝動の制御不足だけでなく、”心の成長”も気がかりだといえます。

» 前頭葉の臨床神経心理学
» 前頭葉の機能低下を疑う症状

※精神疾患や機能障害などは割愛します。

前頭葉の成長はとっても時間がかかる「30歳!?」

ただ、この前頭葉。

成熟には”30歳近く”まで時間がかかるといわれています。

それまでは衝動をコントロールする能力は完全に成熟しておらず、その上、激しい興奮を感じる時期とも重なります。

そして、そんな時期の若者に人気なのが、DbD。

» 「DbD」あなたの年齢を教えてくだい|電撃playstation

そのため煽りを「年齢的な部分だけに注目」すれば、どうしても起こり得る行為だといえるのです。

前頭葉の成長には「社会経験」も必要

前頭葉は”数々の社会経験をも基盤として完成”するため、人によって成熟には差が出ます。

40代の煽り運転…なんてニュースありましたね。

煽り自体、迷惑で不快な行為ですが、煽る者自身が与えられた環境のなかで生きてきた経験でもあり、真っ向からその人間性を否定できるものではありません。

だからといって、容認する必要はありません。

私たちは「煽り」を通じて、現代を生きる上でなにを学ぶべきなのか?と考える糧にしてしまうのです。

» 人間は30代になるまで本当の“大人”にはならない?|BAZAAR

【DbD】煽りの対処法「どう考えるべきか?」

「煽り」がうまれる理屈がわかれば、あとは理性的に対処です。

他人のことよりも、自分の内面をコントロールするほうが、ずっと費用効果が高いのです。

落ち着いて、理性的にです

4つお伝えします。

①:煽りへの対処法「ブロックする」

各プラットフォームでは「ブロック」機能があるはずです。

ブロックしてもロビーで遭遇することはありますが、そしたら退出します。ブロックしておけば、ファンメも防げます。

不審人物との交流は避けたほうが無難です。

②:煽りへの対処法「気分転換する」

煽りに遭遇すると「なんだコイツ…!」というような不快な気持ちになります。

そういうときは偏桃体が活発化しているので、あなたが思っている以上にイヤな気分が残り続けます。

そこで気分転換をしてみてください。

  • 散歩
  • ことばに出す
  • 映画や読書など(体験や学び)

まずは一旦、DbDから離れてみます。

 散歩

散歩の効果は”科学的に証明”されています。
単純な気分転換法とはいえ、あなどってはいけません。

 ことばに出す

扁桃腺の興奮は「ことば」によって制御できることが判明しています。

今日こんなことがあって…!と吐き出すだけで気分は確実に楽になります。
ただし、SNSなどで愚痴を吐くのはほどほどにですよー。

 映画や読書など(体験や学び)

映画や小説など、ある種の体験は気分を発散させます。映画「ハロウィン」なんかいいんじゃないですか。(マイケルお兄ちゃん…)

読書なんかは前頭葉トレーニングの最たる方法です。「煽り」に背景があると学ぶだけでもマインドは変化します。

③:煽りへの対処法「煽りだと決めつけない」

私の知り合いで、連続屈伸を煽りだと考えていない人がいました。

知り合い曰く「お礼」だと考え、ゲート前で連続屈伸をおこない、キラーに”対戦の礼”をしていたと。ここまでお読みの方には信じられないでしょうが、ホントの話です。

初心のうちは「その行動がなにを意図するものなのか?」存じない方もいます。

» ロバート山本、DbDで意図せず煽り行為をしたことを謝罪

④:煽る相手のことを悩んだり、考える必要はまったくない

世の中はあなたと同じ精神年齢の人ばかりではありません。もしかしたら年齢制限を破ったキッズによる「いたずら」かも知れません。

煽る相手は不明ですが、内面が未熟な人物であることは確かです。

そして未熟な人ほど、いたずら(煽り)をして楽しみたがります。

ゲーム中、水を差された気分にはなりますが、「こどもの言動に憤慨してる自分…」などと振り返ってみるのも…アリかも知れません。

今の時代、煽りをするのは危険「世間の目」

ミンちゃんの鋭い視線の先には…

DbDは「動画配信」が盛んなゲーム。

煽ることで自らの言動を衆目に晒してしまい、最悪、なにしかしらの被害に発展する可能性があります。

実際過去にネットの「煽り」で殺人事件にまで至ったケースがあります。

ときには若気の至りでは済まさず、自分の将来に悪影響を与えてしまうかも知れません。

たかがゲーム、されどゲーム。
後先のことを考えた言動を心掛けたいところです。

 

DbDのみならず、すべてのゲームで楽しい時間を共有していきたいものですね。

ではではー。

タイトルとURLをコピーしました