スポンサーリンク
【PR】当ブログでは広告リンクが含まれる場合がございます。

【DbD】なぜ煽るのか?その理由を脳科学で考察【対処法も解説】

その他

対人ゲームはどのジャンルであっても、大なり小なり煽りは付きものです。

DbDでも例外はないのですが、ほかの対人ゲームにくらべて「煽り」が多いのでは?という声も聞かれます。

ここでは煽りが生じる仕組みを「脳科学」で考察していきます。

本記事は脳科学に関わりのある筆者の考察に過ぎず、ひとつの見識として留めおき下さい。
スポンサーリンク

【DbD】煽りの原因を脳科学で考察【ホルモンの影響】

「煽り」とされる行為をいくつか挙げてみます。

  • 連続屈伸
  • 過剰な通知音
  • ライトカチカチ
  • ケバブ
    …などなど…

これらは一般的に「煽り」という認識に集約されていきます。

人それぞれな捉え方もできそうですが、よく聞くのは『サバイバーからの煽り』という声。

数ある対戦ゲームのなかでも、なぜDbDでは一方側からの煽りが目立つのでしょうか?

ここでは、屈伸などの行動を「対戦相手への嘲笑」と定義づけて話をすすめてみます。

鯖の煽りは「オキシトシン」の影響かも

調べてみると、脳科学的には『オキシトシン』とよばれるホルモンが、鯖の行動に影響を与えているかも知れません。

オキシトシンとは「社会行動・集団性」の形成などを担うホルモンのこと。

DbDのゲームデザイン上、鯖には連携力が試されます。その連携力が引き金となり、ゲームとはいえど、オキシトシンの分泌は促されるはずです。

オキシトシンは「集団性」を高める素晴らしいホルモンなのですが、その一方で「べつの感情」をも作り出すといわれます。

その感情とは、集団性を崩そうとする存在にたいして敵意を向けてしまうというもの。

この集団を崩そうとする「存在」とは、まさに”キラー”のことを指します。

» 結束の強い社会ではフリーライダー叩きが激しい
» オキシトシン神経系を中心とした母子間の絆形成システム

「オキシトシン」が影響しやすいシーン

例えばですが通電後、4人同時に逃げ切られるという場面なんかは、超絶屈伸サバが現れやすい印象がありませんか?

これなんかは「オキシトシンの分泌がMAX」の瞬間かも知れません。

このとき鯖の頭の中は、キラーは対戦相手ではなく、感情の発散対象でしかないのです。

煽り感情を爆発させやすいゲート前

鯖にとって勝利が確定した瞬間だけに、つい気が緩んで煽っちゃった…。なんていう「対戦ゲームならでは」のシーンでもあるのですが。

もしかしたら「脱出の”歓喜”が全身全霊の屈伸」に置き換わっただけで、キラーへの嘲笑は微塵もないかも知れません。対戦相手のリアルな雰囲気が分からない以上、私たちの『受け取り方次第』という見方もできます。

【DbD】煽り感情をコントロールする脳領域【前頭葉】

煽りをテーマに話しを進めていますが、DbDは煽らないプレイヤーのほうが大多数であることを忘れてはいけません。

そこで「煽る者とそうでない者の違い」を、これもまた脳科学で考察していこうと思います。

煽る者とそうでない者の違い?「前頭葉について」

ひとつ挙げるのなら「感情のコントロール」ではないでしょうか?

人間には「前頭葉ぜんとうよう」と呼ばれる、大人らしい行動をつくる脳領域があります。

前頭葉(前頭前野)とは、言語や感情のコントロール、コミュニケーションの分析、判断といった高度な認知判断に欠かせない脳領域です。

» 引用&参考:病気が見える|脳・神経(大脳皮質)

「前頭葉」は大まかにこの辺り

前頭葉の成長は「大人らしさ、礼節さ」に関わってきます。

ある意味精神年齢の高さとも言われ、”煽りをするかしないかの判断”といった感情のコントロールに影響を与えます。

オキシトシンが「アクセル」なら、前頭葉は「ブレーキ」だと思ってください。

» 社会脳の成長と発達
» 前頭葉の臨床神経心理学
» 前頭葉の機能低下を疑う症状

反省できる人は「大人」な人

DbDは一応「対戦」ゲーム。

勝敗を受け止められる人もいれば、熱くなってイラ立つひともいます。

  • キラー弱いしなんか煽っちゃた
  • PTだったから気が大きくなっちゃって
  • キラーにむかついて屈伸しちゃった
  • チェイスにイラ立ってケバブしちゃった

プレイ中、いろいろな感情が動くとおもいます。たとえ感情的になっても、画面の向こうには同じ人。

「つい、やっちゃった…」

と、そんな自分を反省できる人はそれなりに理性が働いています。社会性が疎かになりやすいネットだけに、なかなか冷静になれるものではないからです。

しかし『プレイの度に煽りまくっている』よう人物はかなり問題です。

というのも感情というのはずっと過激な状態が続くものではありません。

なのに「煽りたい感情」に囚われているのは前頭葉の未熟さだけでなく『メタ的(こころ)な問題』も考えられます。

【暴言・煽り】暴力的な配信をくり返す「ゲーム配信者」の心理分析
煽りや暴言などで注目を集める「ゲーム配信者」の心理・パーソナリティを分析してみました。

» 暴力的な配信をくり返す「ゲーム配信者」の心理分析

【DbD】煽りの対処法「どう考えるべきか?」

「煽り」がうまれる理屈がわかれば、あとは理性的に対処です。

他人のことよりも「自分の内面」をコントロールするほうが、ずっと費用効果が高いでしょう。

理性的に

その方法を4つお伝えします。

  • ①:ブロックする
  • ②:気分転換する
  • ③:煽りだと決めつけない
  • ④:匿名プレイヤーを避ける

①:煽りへの対処法「ブロックする」

各プラットフォームでは「ブロック」機能があるはずです。

ブロックしてもロビーで遭遇することはありますが、そしたら退出します。ブロックしておけば、ファンメも防げます。

不審人物との交流は避けたほうが無難です。

②:煽りへの対処法「気分転換する」

煽りに遭遇すると「なんだコイツ…!」という不快な気持ちになります。

そういうときはあなたが『思っている以上』にイヤな気分が残り続けます。気分転換をしてみてください。

一旦、DbDから離れてアタマを切り替えます。散歩に映画、友人との会話などなんでもOK。ただし、愚痴はほどほどにです。

③:煽りへの対処法「煽りだと決めつけない」

その行動を「煽り」だと思うと、そう感じるようになります。

先述した「屈伸の受け取り方」に付随しますが、私の知り合いで『連続屈伸を煽りだと考えていない人』がいました。

知り合い曰く「お礼」だと考え、ゲート前で連続屈伸をおこない、キラーに”対戦の礼”をしていたと。これマジな話です。

対戦相手の実情が分からない以上、「…なんかしてるな」ぐらいで考えたほうが健康的です。

» ロバート山本、DbDで意図せず煽り行為をしたことを謝罪

④:匿名プレイヤーを避ける

さきに誤解なくお伝えしますが、すべての匿名プレイヤーを指すわけではありません。

動画配信などへの対応といった、プライバシー保護のために匿名にしている人もいます。

ただ残念なことに「煽りやチート」といった、悪質・幼稚な行動を伏せるにはもってこいの機能でもあるため、気になるようでしたら避けるのも手です。

今の時代、煽りをするのは危険「世間の目」

鋭い視線の先には…

DbDは「動画配信」が盛んなゲーム。

煽ることで自らの言動を晒してしまい最悪、なにしかしらの被害に発展する可能性があります。

実際過去にネットの「煽り」で殺人事件にまで至ったケースがありましたね…。

ときには”若気の至り”では済まされず、自分の将来に悪影響を与えてしまうかもしれません。「デジタル・タトゥー」ってやつですね。

» 10代の向こう見ず 原因は脳の「ミスマッチ」
» 人間は30代になるまで本当の“大人”にはならない?|BAZAAR

たかがゲーム、されどゲーム…ですね。

ではでは。