【DbD】暴言配信者とマッチした感想【劣等感にまみれた方だった】

ゲーム

DbDはときに配信者の方とマッチすることがあります。

そのなかには「暴言配信者」と呼ばれる方もおり、その配信を見た多くの人から驚きの声を聞きます。

かづお
かづお

対戦した私も驚きました(笑)

なぜ、そういう人たちは嫌われるような言動をするのか?

そんな暴言配信者の心境を、心理学とともに迫ってみました。

煽りや、暴言に悩んでいる方にはきっと驚くような内容です。

ひとの心理がわかると、DbDを安心してプレイできようになりますよ。

 

▼煽りについて、脳科学でも解説しています

【DbD】なぜ煽る人が多いのか?脳科学で考察【未熟な人ほど煽る】
ゲームで人はなぜ煽り行為をしてしまうのか?その仕組みや対策について、文献などを参考に調べてみました。

»【DbD】なぜ煽る人が多いのか?脳科学で考察【未熟な人ほど煽る】

スポンサーリンク

【注意】本記事をお読みする前に伝えたいこと

DbDはそのゲーム性からか、煽りや暴言など「若気の至り」を生みやすいのかな?と感じます。

記事内容としては「心理学にある概念をともに考察した」流れでして、私個人の感想や意見を有するものです。

また、DbDおよび他者を非難するものではありません。

スポンサーリンク

【DbD】暴言配信者に隠された、悲しき虚勢

すこしまえ、私はとある配信者(キラー)とマッチしました。

とてもお強く、あっという間に処刑されてしまい…mm

そんな私は昭和生まれの雑魚プレイヤー。
おっさんは処刑されて当然です。うぅ…(涙)

かづお
かづお

ランク1の凄腕キラーでした!

 

プロフには配信中といった文面があり、覗いてみたところ凄まじい暴言の数々。

私は驚いたものの、プレイの上手さもあり、つい見入ってしまいました(笑)

 

その方は「暴言配信者」と呼ばれ、DbD界隈ではすこし有名?とのこと。

YouTubeのコメントは荒れており、その内容から察するに”無職”なのかな…?と推察。

比較的お若い印象をうけました。
といっても、成人は超えているはず。

 

…配信中はずっとこんな発言をしていました。

「俺以外はすべてザコだ!」
「来いよ下手くそ!」
「〇〇だったらそりゃ勝てるだろ!」

勝っても負けてもすごい勢い。

若さに満ちあふれていますね。
なんだか懐かしい気持ちになりました^^

 

このとき、わたしは自分の過去を思い出します。

「そういえば俺、20代の頃、すごいイライラしてたなぁ…」と。

 

就職氷河期を経験した私。
今では考えられないぐらい攻撃的で、ダメダメな自分を誰かにぶちまけていました。

煽り”続ける”ひとは「劣等感」に悩んでいる

さて、ここからが本題です。

普通のひとで『暴言を吐き続けるエネルギー』はありません。

そこには制御できないほどのナニカがあるわけです。

そのナニカのひとつに「とにかく他人よりも誇りたい」という心理面があります。

かづお
かづお

その根底にあるのは「劣等感」

ここでいう「劣等感」とはゲームの上手さではなく、人生における感情です。

 

日々が充実している人は満たされています。
欲求がコントロールできている分、穏やかです。

ゲームで煽ったり、攻撃的な気分にならず、「自分の機嫌を自分で取ること」ができています。

恐らくですがこの配信者はその逆。

劣等感をはじめとした不健全な精神状態で、日々過ごしているのだろうと思います。

 

劣等感は本来「人生に立ち向かうチカラ」を生み出します。

ですが、そのチカラを上手く生み出せないと、
「他人を攻撃して自分のチカラ(価値)を上げよう」とする人がいます。

スポンサーリンク

他人を攻撃するのは自分の価値を上げたいから

この配信者の方は、根も葉もないことでべつの配信者を攻撃しているようです。

「〇〇だから強い」
「あいつは〇〇を使っている」

とにかく、他人を攻撃したがります。

 

他人を攻撃する理由は、

”他人を下げることで相対的に自分の価値を上げるためです”

» 100分de名著 アドラーの教え 『人生の意味の心理学』

こういう人、日常でもいませんか?

 

…ただ、こんなことをしても無意味です。

攻撃している本人の「実際の価値」が高まるわけではないのですから。

他人の不幸をよろこぶ感情「シャーデンフロイデ」

ただ、それでも攻撃の手をやめない人がいます。

それは、他人に損害を与えると「よろこび」を感じるからです。

かづお
かづお

これを「シャーデンフロイデ」といいます。

(SNSとかでやたらと攻撃している人いませんか?アレです)

こういった感情は、健全な人間でも抱きます。

 

ですが、精神科医Magavi博士はこう言います。

心が満たされていない人ほどシャーデンフロイデは起こりやすい。

なのだと。

「劣等感」がバレる前に、他人を攻撃する

攻撃する理由はもう一つあります。

劣等感のつよい人は「いつか他人から見下される」のではないか、といった不安があります。

そんな自分を守るための心の防衛策として、先走って他人を攻撃する。

かづお
かづお

フロイトの「防衛機制」です。

 

そのようにして、

”人生の不満を他人にぶつけることで、自分の弱さと向き合わないようにしているのです”

…ですが、こういったことは「こころが育っていないと気づけない」

 

そこで、生きづらい現実よりも、楽に誇れる場所へと避難する。

その代表的なのが「ゲーム」です。

スポンサーリンク

社会参加ができない人の逃避先に「ゲーム」がある

逃げた先で癒しのふたり…

こういった配信者を調べてみたところ、毎日、長時間配信しており、定職を感じさせません。

かづお
かづお

ある種の「居場所」となっている。

これはYouTubeを仕事(フリーランスなど)にしている方とはまた別です。

 

そこで分かるのは「社会に影響を与えられていない人ほど、攻撃的な欲求が高まっている」こと。

つまり「社会貢献と、心の豊かさ」は関係しているということです。

暴言配信者にとって、自分を誇示できる場所がゲーム

現代社会は長きにわたる低迷経済によって、若い人たちが活躍する場が奪われています。

自分の価値が評価されにくく、劣等感を味わいやすい時代です。

かづお
かづお

そこにネットやゲームが逃避先となる。

 

コロナで問題になったあの「迷惑系ユーチューバー」もそう。

本当は社会に身を置きたい…けれど、それができない。

こういう方々は全体として、
いまは自分を誇示できる場に避難している”

…そんな状態です。

スポンサーリンク

【DbD】煽りを正当化する暴言配信者【モラルの大切さ】

こういった配信者のなかには、ユニークな発言をする方もチラホラ見受けられます。

  • 煽りやケバブはルールにない
  • ホラーゲームに暴言配信は付きものだ

感想としては「半分わかります」といったところ。

興味深い意見ですが、やや利己的だといえますか。

DbDは対戦ゲームですので、自分の考えがすべてではありません。

かづお
かづお

譲歩することも大切です。

 

ここで考えられるのが「合理化」と呼ばれる心のメカニズム。

…そして「モラル」です。

煽りを正当化する、心の防衛機制「合理化」

端的に言うと「合理化」とは、

不誠実なことでも、もっともらしい理由をつけて正当化しようとする心の防衛機制です。

  • 煽りはルール作成の一助になっている!
  • 暴言はホラーゲームとしての芸術性だ!

といった考えが正当化されたら、プレイヤーは離れるでしょう。

自分なりの価値観といっても、全体として受け入れられるものではありません。

 

ルールブックに関しても、運営方針によってはなかなか制定されないことがある。

では、いつまでも煽っていいのか?

かづお
かづお

そこで、モラルが出てきます。

DbD運営終了!?「モラル」がゲームの価値を高めていく

モラルの大切さといえば「ローガン・ポール」氏の動画投稿でしょう。

2018年に『日本の自殺の森で、自殺死体に遭遇した』という比類なき究極動画がアップされました。

いやー…すごいですよね。
日本への煽り、いや、これは冒涜です。

大問題にはなりましたが、罰せられません。
そりゃ、ユー〇ューバーですので。

 

こういった「ルールだけでは調整できない範囲」にモラルが存在し、それなりの節度が社会に行き渡る。

その精神的態度を「ルールにない」という理由で反駁はんばくすれば、DbDから人は離れます。

その結果、

かづお
かづお

DbD運営終了…!!

 

…あり得ない話ではないのでは?

心血注いでDbDを打ち込んだ人らにとっては、地獄のような瞬間です。

 

そうならないために、たくさんの意見が募り、よりよいゲームに生まれ変わっていく。

運営をはじめ、DbDは今まさに、その”最中”なのかもしれません。

スポンサーリンク

【DbD】暴言配信者とマッチした感想【人と接したい方だった】

さいごに、ひとつお伝えして終わりにします。

こういった配信者らは、暴言を吐かざるを得ない事情があるということです。

……。

「いやいや、迷惑な話だよ!」
「ゲームなんかでやんなよ!」
「他人の生き様とかかんけーねーよ」

はい。もちろん、そう思います。

 

…ただですね、
人間相手だから暴言を吐くんです。
NPCとかに吐いても意味ないです。

それは、

暴言を吐けば、結果はどうであれ、他人に影響を与えられるからです。

ひとは誰かに影響を与えたい生き物。

…暴言のうらには「人と接したい」という確かなメッセージが込められています。

 

と、ここでは心理学的側面から、暴言配信者の心境に迫ってみました。

以上になります。では!

 

▼煽りについて、脳科学でも解説しています

【DbD】なぜ煽る人が多いのか?脳科学で考察【未熟な人ほど煽る】
ゲームで人はなぜ煽り行為をしてしまうのか?その仕組みや対策について、文献などを参考に調べてみました。

»【DbD】なぜ煽る人が多いのか?脳科学で考察【未熟な人ほど煽る】

▼こちらの記事も読まれています
»【DbD】素振り放置キラーの正体はbot【BAN対象になる行為】

ゲーム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました