スポンサーリンク
【PR】当ブログでは広告リンクが含まれる場合がございます。

【Diablo4】「化身」と「力の古文書」をわかりやすく解説【秘術師】

Diablo

秘術師では「レジェンダリー」に付いているパワー(化身)を、ほかの武具に与えることができます。

分かり難いシステムに思えますが、以外にもかんたんに『キャラ強化』できる方法なんです。

かづお
かづお

分かりやすく説明していきます。

【Diablo4】「エンチャント」をわかりやすく解説【秘術師】
秘術師の「エンチャント」とはどんなシステムなのか?注意点はあるのか?分かりやすく解説します。

»【Diablo4】「エンチャント」をわかりやすく解説【秘術師】

スポンサーリンク

【Diablo4】「化身」と「力の古文書」をわかりやすく解説【秘術師】

レジェンダリー・パワーをほかの武具に与える方法を「化身」と「力の古文書」と呼び、Diablo4ではこれらを『化身の賦与』といいます。

それではまず「力の古文書」から解説していきます。

賦与は「レア&レジェンダリー」のみ、行えます。

「力の古文書」を手に入れる

「力の古文書」とは、ダンジョン報酬として手に入る武具にレジェンダリー・パワーを賦与できるシステムのことです。

マップを見ると、こういったダンジョンに出くわします。

これらの説明があるダンジョンをクリアすることで「力の古文書」が手に入ります。

力の古文書はレジェンダリー・パワー(化身)の『カタログ』だと思って下さい。

「力の古文書」を武具に与えてみる

手に入れた力の古文書は「コレクション」で確認することができます。

それでは「力の古文書」を武具に賦与してみましょう。

上段のアイテム欄には対応する武具を選びます。ここでは「レア」の剣を選んでみました。

つぎに力の古文書を選択。
ここでは「回転刃の化身」を選択してみます。

下段にあるプレビューを確認すると『レア → レジェンダリー』へと変化しています。

説明欄に「力の古文書」のパワーが『賦与』されていることが確認できます。

あとはコストを支払い完成です。

かづお
かづお

「力の古文書」は何度でも使用可能。

レジェンダリーから「化身」を抽出する

化身とはレジェンダリーを破壊して抽出できるアイテムのことです。

レジェンダリー・パワーなどを全体を通じて「化身」という言い方もします。

「化身」を得るためには、レジェンダリーアイテムを”破壊”する必要があります。

『アイテム化した化身』はアイテム欄にあります。

それではこの「化身」を武具に賦与してみます。

鍛冶屋での破壊は「素材」になりますが、秘術師では「化身」になると考えてみてください。

「化身」を武具に与えてみる

上段のアイテム欄には対応する武具を選びます。ここでは「レジェンダリーの弓」を選んでみました。

つぎに与えたいパワーの付いた「化身」を選択します。

下段にあるプレビューを確認します。

するとパワーの説明欄に「賦与」と書かれ、元々のレジェンダリーパワーが「化身」のものへと『置き換わっている』のが分かります。

化身によって与えられたパワーの数値は、部位によって『変動』します。詳しくは後述。

あとはコストを支払い完成です。

かづお
かづお

ただし「化身」は使うと無くなります。

【Diablo4】化身を「賦与」する際に気を付けたい5つの注意点

化身をあつかう上で注意したい5つのポイントがあります。

  • ①:化身をどのアイテムに賦与すべきかの「目安」
  • ②:賦与済みのレジェンダリーを「化身」には出来ない
  • ③:元あるパワーは「上書き」される
  • ④:化身を賦与できる「部位」は決まっている
  • ⑤:化身にするとパワーの数値は「変動」する

順に解説していきます。

①:化身をどのアイテムに賦与すべきかの「目安」

化身を「レア」アイテムに賦与する

レアに賦与すると「レジェンダリー」へと変化します。

レアだと『パワーが無いところにパワーを与えられる』のでお得感があります。

かづお
かづお

ということは…。

装備品の特性厳選がしやすくなるということです。

トーメントのような高難易度では「祖霊レジェンダリー」で良い特性がそろった部位はなかなか出ません。

そこで入手しやすい「レアの祖霊」を都度確認して、よりよい特性の装備品を見つけたら、予め用意しておいた化身を賦与するわけです。

ゲームの後半で”役立つので知識”ですので覚えておいてください。

「レジェンダリー」アイテムに化身を上書きする

ストーリーが進んでいくと「いま装備しているレジェンダリーより火力がたかい…」なんてことが頻繁におこります。

そんときは、今まで使用していたレジェンダリーを「化身」にして、新しく手に入れたレジェンダリーに賦与するのもよいでしょう。

かづお
かづお

パワーの引っ越しですね。

②:賦与済みのレジェンダリーを「化身」には出来ない

すでにパワーが”賦与”された武具をふたたび「化身(アイテム)」にすることはできません。

③:元々あるパワーは「上書き」される

レジェンダリーにパワーを賦与すると、もともと付いていたパワーは上書きされてしまいます。

パワーが蓄積されていく訳ではないのではありません。それぞれ別の部位に同じパワーを賦与しても効果は重複はしません。

④:化身を付与できる「部位」は決まっている

「力の古文書」と「化身」の双方とも、パワーを賦与できる部位は決まっています。

どこにでも賦与できたら…都合よすぎちゃいますね。

⑤:化身にするとパワーの数値は「変動」する

化身にしたアイテムは『賦付する部位によってパワーが変化』します。

画像にあるように、両手武器では100%、アミュレットでは50%の”効果増し”になります。

つまり、効果を高めたいパワーがあるときは、このどちらかの部位に付与したほうが良いでしょう。

では。

【Diablo4】「紋章の加工」をわかりやすく解説【秘術師】
秘術師の「紋章の加工」と「エンチャント」の解説をします。重要なシステムだけに理解が必要です。

»【Diablo4】「紋章の加工」をわかりやすく解説【秘術師】