【MHWI】EXドラゴン狩猟笛の最終形装備【KO術極意+耳栓5】

PS4ゲーム

モンハンは無印から狩猟しているかづおです。すべての武器装備解説をしていきます。

狩猟笛は旋律を使いつつ狩猟しなければならない観点から他の武器に比べるとどうしても見劣り感がありました。

しかし、アイスボーンにて大幅にモーションが強化され、スキルの掛け合いによっては攻守万能の性能を発揮します。

※現環境(最終アップデート:Ver15.11)において最終形となる狩猟笛装備の紹介です。

 

▼こちらの記事も読まれています
»【MHWI】ミラボレアス攻略用スラアク装備【黒龍未使用&使用】
»【MHWI】ムフェト部位破壊用スラアク最終形装備【PT手順解説】
»【MHWI】全14武器の最終アップデート後の装備紹介まとめ記事

スポンサーリンク

【MHWI】EXドラゴン狩猟笛の最終形装備【KO術極意+耳栓5】

武器はミラメノスアギカ。
防具はミラボレアスと歴戦王マムタロトの素材を使用した装備構成です。

ひるみ軽減はPTプレイ用です。

旋律は攻撃力UP【大】、ひるみ軽減をバフれます。

攻撃力は護符・爪あり。
「真・業物」が発動しているため、匠3で十分対応できます。

「耳栓&KO術極意」狩猟笛装備解説

本ビルドのポイントを解説します。

  • 耳栓で咆哮時の旋律解除を防ぐ
  • KO術でスタンチャンスを増やす
  • 装飾品変更で各種耐性系スキルに変更できる

狩猟笛に「耳栓」は優先して取り入れたいスキルです。

咆哮による旋律解除の防止と被弾を防ぎつつ、そのままスタンチャンスに繋げられます。

達人珠の装飾品枠を他の装飾品に変更できます。(例えばヴァルハザクに向かうなら耐瘴珠など)

狩猟笛のスタンについて:KO術のすゝめ

ワールドシリーズの打撃武器はPT時にスタンが取りにくくなりました。おそらく強打の装衣の登場がスタン値抑制の原因だと思います。

それに加え、ハンマーのような「力溜め」のない狩猟笛は、気絶値に引けを取ります。

TAのように完全な火力重視を意識しない限りは、できるだけKO術を発動させたほうが有利に働きます。

▼「KO術と耳栓」を備えたハンマー装備はこちら
»【MHWI】EXドラゴンハンマーの最終形装備【耳栓&KO術極意】

スポンサーリンク

サポート系狩猟笛についての考察

狩猟笛でよく議題にあがるテーマについて考えてみます。

ヒーラー狩猟笛について

狩猟笛でよく議論になる『狩猟笛と広域』について。

狩猟笛=サポート武器ととらえている人がいます。
あながち間違えではないですが、広域までは過剰です。

旋律に加え、スタンが取れる武器に、回復まで意識したら攻撃の機会がかなり減ってしまいます。それでは単なるお荷物になりかねず本末転倒。

ヒーラー役をやるなら片手剣で広域を付けたほうが良いと考えます。

狩猟笛は納刀が遅い武器なので、回復行動するにしても一手遅れてしまう。それなら各々が粉塵の調合分をもって撒いているほうがいいでしょう。

▼冰気練成+広域ヒーラー片手剣装備はこちら
»【MHWI】冰気練成&広域ヒーラー片手剣装備の最終形を2つ紹介

麻痺狩猟笛について

個人的に打撃武器に麻痺属性はおススメできません。

理由として、スタンと麻痺は被ることがあるからです。

皇金の麻痺やムフェトの笛(麻痺)など、旋律も合わさり優秀な麻痺笛もありますが、打撃武器としての相性があります。

手練れのカリピストであればその限りではありませんが、それでも麻痺と気絶値の調整に加え、旋律効果まで意識を割かないとなりません。

集中した狩猟を行うという意味でも、拘束系の攻撃はどちから一つに絞ったほうが無難だと考えます。

 

▼こちらの記事も読まれています
»【MHWI】ミラボレアス攻略用スラアク装備【黒龍未使用&使用】
»【MHWI】ムフェト部位破壊用スラアク最終形装備【PT手順解説】
»【MHWI】全14武器の最終アップデート後の装備紹介まとめ記事

PS4ゲーム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました