もしもアフィリエイトの商品リンクを「テキスト&画像」表示する方法

ブログ運営

もしもアフィリエイトでは、商品リンクを「テキスト(文字形式)」で表示させることができます。

ここではその方法をわかりやすく解説していきます。

テキストだけでなく、画像にもリンクを貼れます。その方法も一緒にお伝えします。

 

▼こちらの記事も読まれています
» Googleアドセンス審査を1発で合格する方法【完全初心者向け】
»【ブログ運営法】1万PV達成するために意識した4つのこと+反省点

スポンサーリンク

もしもアフィリエイトの商品リンクを「テキスト&画像」表示する方法

「どこでもリンク」を使って、商品リンクを自分が表示したいテキストで作成してみます。

こんな感じで仕上がります。

(すべての提携先で使用できるとは限りません)

「どこでもリンク」を使って商品リンクをテキスト表示させる方法

Amazonの商品リンクをテキストで作成してみます。

トップページ画面から「提携中プロモーション」を選択してください。

右にある「どこでもリンク」を選択します。

どこでもリンク作成の画面になります。

ここで「選んだプロモーションを別ウインドで開く」をクリックして、提携しているサイトに飛びます。

任意の商品を検索後、サイトの上部にある検索窓のURLをコピーします。

コピーしたURLを、どこでもリンク作成画面にある「リンク先URL」にコピペします。

「リンクテキスト」の欄には商品リンクで表示させたい商品名を入力します。

「どこでもリンクを作成する」をクリックすると、下にプレビューとソースコードが表示されます。

表示されたソースをコピーして、ブログの表示したい箇所にHTMLでコピペします。

以上です。

スポンサーリンク

「どこでもリンク」を使って画像にリンクを貼る方法

商品リンクを画像に貼ることもできます。
(提携先によっては非対応なところもあります)

Amazonでは非対応のため、Yahoo!の広告リンクで作成してみます。

入力情報の「リンク種別」を画像リンクに切り替えます。
(リンク先URLには先ほどと同じ手順でURLをコピペします)

ネットで公開されている画像素材を選び「右クリック」→「画像アドレスをコピー」で画像URLをコピーします。

転用・転載が可能かどうか著作権を確認の上、許可を取得してから掲載してください。

コピーしたURLを「画像URL」にコピペします。

「どこでもリンクを作成する」をクリックすると、下にプレビューとソースコードが表示されます。

表示されたソースをコピーして、ブログの表示したい箇所にHTMLでコピペします。

以上です。

スポンサーリンク

そのほかの商品リンクの紹介「かんたんリンク」について

ここまで「どこでもリンク」についてご紹介してきました。

もしもアフィリエイトでは、商品リンクをテキスト&画像表示以外に「かんたんリンク」という、カード型の商品リンクで作成することもできます。

 

こんな感じです。
(デザインはCSSで変更しています)

「かんたんリンク」は見た目の良さだけでなく、誰でも扱える便利さや、世情の変化にも対応できる強みがあります。

もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」が優れている理由

カード型の商品リンクといえば「Rinker」が有名ですが、大手物販側のアップデート以降、一部機能制限が生じています。

これからアフィリエイトを始める初心者には、やや扱いにくいプラグインとなっています。

その点、もしもアフィリエイトは大手ASPであり、商品リンクを安定して掲載することができます。

 

「かんたんリンク」の使い方や詳細についてはこちらからどうぞ。

【Rinkerが使えない】初心者はもしもアフィリエイトで商品管理
これから物販をはじめる方がRinker及び、カード型の商品リンクを扱える方法を解説します。

»【Rinkerが使えない】初心者はもしもアフィリエイトで商品管理

「どこでもリンク」と併せて使うことを強くおススメします。では。

 

▼こちらの記事も読まれています
» Googleアドセンス審査を1発で合格する方法【完全初心者向け】
»【ブログ完全初心者用】アドセンス審査を一回で合格する9つの対策法

コメント

タイトルとURLをコピーしました