【ブログ】検索流入してきたキーワードの調べ方&そこから分かること

ブログ運営

ブログを書いていると、PV数の”変動”があります。

「なぜPV数が急に増えたのか?」
「どんなキーワードで流入してきたのか?」

それは「Google サーチコンソール(別名:サチコ)」で調べることができます。

ここではサチコを活かして、PV数を増加できた私なりの方法をお伝えします。

PV数に付随して、記事作成やリライトにも役立つお話しです。

 

▼こちらの記事も読まれています
»【ブログ】1万PV達成するために意識した4つのこと【反省点も+】

スポンサーリンク

【ブログ】検索流入してきたキーワードの調べ方&そこから分かること

まずはトップページを開きます。

左にある「検索パフォーマンス」を開き、下に進みます。

下にある「クエリ」を表示させると、

どんな検索ワードであなたのサイトが表示&訪問されているのか?

調べることができます。

かづお
かづお

上位クエリと書かれている箇所です。

そしてチェックするのはココ。

クリック数と表示回数です。

  • 表示回数:検索結果に表示された記事(1~10位以内)
  • クリック数:表示されて、その記事に訪れてくれた数

このクエリでポイントとなるのは、

「異様に表示回数が多いのに、全然クリックされていないキーワード」

です。

 

これを活かすことで、PV数の増加が期待できます。

スポンサーリンク

表示回数の多いキーワードを記事に取り入れてPV数UP

自分の意図したキーワード以外で、表示回数の多い記事なんかがあります。

私のブログではこちらの記事でした。

なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?【就職前に現状を知ろう】
なぜ言語聴覚士はやめたほうがいいのか?また、どんな人に向いているのか?現役の言語聴覚士が解説します。

» なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?【就職前に現状を知ろう】

こちらはもともと「言語聴覚士を目指す前に現状を知ろう」というタイトルでした。

かづお
かづお

ですが、まったく検索されません(悲)

 

渾身の記事を書いても「世間が調べているキーワード」からズレているとダメなんですよね。うーん。

クリック数と表示回数に差がありました。

(モザイクかかってて分かりませんが…)

そこで、その表示回数が多いキーワードに、タイトルや見出しを変更したところ、数日でPV数アップ。

 

母数はいえませんが、約5倍近くの上昇率がいまでも続いています。

これには驚きました。

かづお
かづお

ここのまとめ。

  • 検索数の多いキーワードが知れる
  • そのキーワードに沿った効果的なリライトもできる

 

もうひとつは、自分ならではのトレンドをキャッチ&記事に活かせる点です。

トレンドを活かした記事作成ができる

DbD(デッドバイデイライト)という鬼ごっこゲームがあります。

芸能人にも大人気で、とにかく配信映えするゲームです。

そこで、私はこんな記事をかきました。

【DbD】暴言配信者とマッチした感想【劣等感にまみれた方だった】
暴言配信者とマッチした私が、その感想を「心理学」とともに解説&お伝えしていきます。

»【DbD】暴言配信者とマッチした感想【劣等感にまみれた方だった】

タイトルが不健全でスミマセン…(汗)

 

この記事、投稿からしばらくは少ないPV数だったのですが、ある日”突然”PV数が増えました。

調べてみると、有名配信者(YouTube)さんが、さきほどの記事に関連したキーワードで配信されていました。

私はその影響を受けたのではないか?と考察しています。

このゲームはもともと、とあるキーワードがトレンドになりやすく”、そのキーワードを事前に狙えたというものあります。
かづお
かづお

今でもそこそこのPV数です。

 

また、先ほどの記事と「似たような上位クエリ」もちらほら確認できました。

なのでそのクエリを利用して、新しい記事を書くことなんかもできます。

 

クエリは自分にサイト傾向に沿ったトレンドをキャッチできるため、記事作成に役立てられます。

かづお
かづお

ここのまとめ。

  • 人気コンテンツのトレンドが分かる
  • そのトレンドを使った新規記事が作れる

 

サーチコンソールを活用して、活きのいい記事をバンバン作成しちゃってください。

スポンサーリンク

検索流入してきたキーワードの調べ方&そこから分かること

はじめはクエリの意味が分からずブログを書いていました。

いまではその偉大さに感激。

「いまいちPV数が伸びないな~」という方は、一度サチコを眺めてみてください。

サチコだけに”幸”があります。

 

…ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました