【サーチコンソール】PV数UPのカギになる検索キーワードの調べ方

ブログ運営

ブログを運営しているとPV数が急に変動するときがあります。

「なぜPV数が急に増えたのか?」

と、疑問に感じるときがあります。

もしかしたら”自分では想定していなかった検索キーワード”でたくさんの人が訪れるのかもしれません。

そういった「PV数変動のカギとなる検索キーワード」の調べ方をお伝えします。

キーワード選定やリライトなど、SEO対策役に立てることができますよ。

スポンサーリンク

【サーチコンソール】PV数UPのカギになる検索キーワード(クエリ)の調べ方

まずはトップページを開きます。

左にある「検索パフォーマンス」を開き、下に進みます。

下にある「クエリ」を表示させると、

どんな検索キーワードであなたのサイトが表示&訪問されているのか?

調べることができます。

かづお
かづお

上位クエリと書かれている箇所です。

そしてチェックするのはココ。

クリック数と表示回数です。

  • 表示回数:検索結果に表示された記事(1~10位以内)
  • クリック数:表示されて、その記事に訪れてくれた数

このクエリで見るべきポイントは、

”表示回数”が多いのに、クリックされていないページ

です。

 

その「検索キーワード(クエリ)」を記事内に取り入れることで、PV数の増加が期待できます。

スポンサーリンク

表示回数の多い「検索キーワード(クエリ)」を記事に取り入れてPV数UP

自分の意図したキーワード以外で、表示回数の多いブログ記事をチェックします。

私のブログではこちらの記事でした。

なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?【就職前に現状を知ろう】
なぜ言語聴覚士はやめたほうがいいのか?また、どんな人に向いているのか?現役の言語聴覚士が解説します。

» なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?【就職前に現状を知ろう】

こちらはもともと「言語聴覚士を目指す前に現状を知ろう」というタイトルでした。

かづお
かづお

ですが、まったくクリックされません(悲)

クエリを調べてみると、

言語聴覚士に関連するキーワードで「表示回数がものすごく多いキーワード」を発見しました。

(モザイクをかけておりますが)クリック数と表示回数との間に差がありました。

 

そこでその表示回数が多いキーワードにタイトルや見出しを変更したところ、数日でPV数アップ。

約5倍近くのPV上昇率がいまでも続いています。

この一件で「自分が想定したキーワード」と「世間が調べているキーワード」にズレがあることに気づくことができました。

 

かづお
かづお

ここのまとめ。

  • クリック数と表示回数の差は、世間とのズレ!
  • 検索数のキーワード(クエリ)を記事内に取り入れてPV数UP!

もうひとつは、自分ならではのトレンドを把握&記事に活かせる点です。

「トレンド」キーワードを活かした記事作成ができる

DbD(デッドバイデイライト)という鬼ごっこゲームがあります。

芸能人にも大人気でとにかく配信映えするゲームです。

そこで、私はこんな記事を書きました。

【DbD】なぜ煽るのか?なぜ煽りだと感じるのか?【脳科学で考察】
DbDではなぜ、煽り行為が行われるのか?なぜ、煽りだと人は感じるのか?脳科学で考察してみました。

»【DbD】なぜ煽るのか?なぜ煽りだと感じるのか?【脳科学で考察】

 

この記事、投稿からしばらくは少ないPV数だったのですが、ある日”突然”PV数が増えました。

調べてみると、とある有名配信者さんがさきほどの記事に関連したキーワードで配信されていました。

このゲームはとあるキーワードがトレンドになりやすい傾向があるらしく、私はその影響を受けたのではないか?と考察しています。

そのため突然PV数が増えたのだと思います。

おかげでこの記事は一気にSEO上位に組み込むことができました。

また、こういった人気のキーワードを利用することでPV数が期待できる記事を狙って書くことができます。

 

かづお
かづお

ここのまとめ。

  • クエリからいち早く「トレンドキーワード」が分かる
  • そのトレンドキーワードを使って新規記事も作れる

サーチコンソールを活用して、活きのいい記事をバンバン作成しちゃってください。

スポンサーリンク

Googleサーチコンソールの検索キーワード(クエリ)調べてPV数をUP

はじめはクエリの意味が分からずブログを書いていました。

いまではその偉大さに感激。

「PV数をもっと増やしたいな~」とお考えの方は、一度サチコを眺めてみてください。

サチコだけに”幸”があります。

 

…ではでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました