【伝達力】忙しい医療スタッフへ端的に要件を伝える「3つ」の伝達法

STコラム

どうもかづおです。

STの皆さんは忙しい現場スタッフらにどのように伝達していますか?
医療はミスなく端的な伝達が求められる世界だと考えています。

そこで「忙しい医師やスタッフ」に私が実践しているスマートな伝達方法を書き記します。

あくまで備忘録的に書いたものなので「へぇ~」ぐらいで読んでください。

スポンサーリンク

自分が話したいことと、相手が聞きたいことは違う

当時のわたしは回復期から急性期へと転職したばかりでした。

慌ただしい急性期…。
医師と相談しようにもタイミングがつかめず。会話できても「手短に」という雰囲気。

それに加え、当院は「紙カルテ」ってこともあり情報伝達に難渋します。

 

当初、先生方によく言われたのが「で?、どうしたいの?」と言うおことば。

かづお
かづお

要件をスマートに伝えられない…。

回復期の感覚が抜けていない私は、悩みました。

STとしては「こうしたい」「あーしたい」があるわけですが…。

自分が話したいことと、相手が知りたいことは違うわけです。

「このままではいけない」…私はそう思いました。

先生らが手厳しいのは「プロのST」として期待されているからだと自分を鼓舞します。

スポンサーリンク

”相手の思考”を整理できる「3つの伝える技術」

本題に入ります。

わかりやすく伝達するスキルは学ばなきゃ手に入りません。
「受け身ではいけない」そう感じた私は本屋へ直行。

そこで手に取った本がコレです。

タイトル通り、説明の順番についてわかりやすく解説された本です。

 

この本によると「伝えるスキル」は大きく3つあるといいます。

  • ①:説明する順を考える
  • ②:相手の理解レベルを意識する
  • ③:言いたいことをまとめてみる

この3つを意識したことで、以前にくらべスムーズな伝達ができるようになりました。

かるーく説明していきます。

①:何をどの順で説明するのか

本にはこうありました。

自分が考えた順ではなく、相手が聞きたい順でつたえる。

かづお
かづお

うわぁ…できてない。

…猛省です。

 

例えば、VFの報告書を書いても、医師がぱっと目を通すのは「結果」がほとんどです。

専門医によっては「評価」まで目を通すかも知れません。

もちろん「自分はこう考えており、こういう評価をした」を説明することが大切な場面はあります。

ですが、まずは”結果”を知りたいんです。

スポンサーリンク

②:相手の理解レベルを意識

スタッフ全員がリハにくわしい訳ではありません。

私は医師にとある患者さんのリハ方針を「数字」で伝えたことがあります。

わたし「いまの食形態だと3割ぐらいで…」
内科医「え!?そうなの!!マジか」
わたし「そこで私の提案としては…」
内科医「うんうん」

数字を出して回答した理由は、数字であれば客観的なイメージが湧きやすいだろう…と考えたからです。

医師といえど、すべての分野をフォローしているわけではありません。

それぞれにあった、理解レベルを意識するようにしました。

③:言いたいことがまとまっていない

現場が慌ただしいと、伝える側も焦ります。

わたしは音声障害があるので、焦るととたんに声が出なくなります(涙)

 

なら、一度書いて整理しようと思い、作ってみた”伝達用の報告書(書類)”

「結果と方針」をドンと表記して、少しだけ中身を記入するスマートな報告書( ̄ー ̄)

紙カルテ現場ならではのアナログ発想ですが、発信する側の「思考整理」になります。

かづお
かづお

私の現場ではこれが上手くいきました!

言いたいことを一端整理できるので「口頭」での伝達も以前よりはスムーズにできるようになりました。

ちなみに口頭伝達ではこちらの本なんかもおススメです。

文章にすると、相手が冷静に目を通せる

それに、書類が効果的な理由はもう一つあります。

あまり「話をしたがらない医師」っているじゃないですか…?

かづお
かづお

…いますよね!?

「ちょっと話しかけないでくれオーラ」を纏っているちょっと相手しずらいあのお方。

ですが文面で渡すことで医師のタイミングで目を通せ、伝達内容も証拠として残せます。

「言った言わない」を防ぐ効果も期待できます。

ただ、毎回はよくないので、場面に応じて「口頭と書類」を切り替えます。

スポンサーリンク

【まとめ】3つの伝達スキルと、アナログだけど優秀な「紙」伝達

ここまでの話しをまとめます。

  • 3つの伝達スキルを意識する
    - 説明の順番
    - 理解レベル
    - 言いたいことを整理する
  • ごく短めの書類にして提出する

伝達スキルは自前の経験だけでなくあらためて学ぶことで、より正確な対応力が身に付きます。

とはいえ、今回の記事はあくまで私の経験談。参考のひとつとしてお考えください。

本記事でご紹介した著書はこちら

よければお手に取り、参考にしてください。

ではでは。

 

▼こちらの記事も読まれています
»【厳選】成人領域の言語聴覚士におすすめする臨床特化の本をご紹介
» 新人言語聴覚士が実践したい勉強法【方法:報告書&バイザーを作る】

STコラム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました