言語聴覚士になりたい人が「悩みやすい」4つの不安にお答えします

STコラム

こんにちは。言語聴覚士のかづおです。

ネットの情報を見ていると、言語聴覚士をめざそうとする人の悩みを拝見することがあります。

人によっては「私がSTになれるのかな…」と、行動する勇気が出ない方も…。

かづお
かづお

もったいないです!マジで!

ここでは、そういった悩みを4つ取り上げ、私なりにお答えしていきます。

STへの進学第一歩を踏み出す勇気になれば幸いです。

 

▼こちらの記事も読まれています
» 言語聴覚士をめざす方は必見!気になる学生生活の様子をまるごと回答

スポンサーリンク

言語聴覚士になりたい人が「悩みやすい」4つの不安にお答えします

私がよく見聞きするのはこの4つ。

  • ①:他人とのコミュニケーションが苦手
  • ②:資格(就職)目的だけど大丈夫かな?
  • ③:向いているか不安…でもSTに興味ある
  • ④:病気があるけれど…なれるかな?

さきに結論をいうと、

どんな悩みがあっても、目指してください。

皆さんいろいろな諸事情を抱えながらSTをめざし、そして働いています。

①:他人とのコミュニケーション苦手だけど…なれるかな?

なれます。

『言語聴覚士=コミュニケーション職』などと書かれているサイトがありますが、やや主語が大きいでしょうか。

かづお
かづお

コミュニケーションといっても種類があります。

私が思う言語聴覚士として必要なスキルはこの3つ。

  • あいさつができる
  • 報連相(ほうれん草)をしっかり
  • 慢心しない、傲慢にならない

この3つは最低限であり、最大でもあります。

この3つを意識している人は、多岐に渡り成長力が高く、患者さんにも職場のスタッフにも好かれまれる傾向があります。

スポンサーリンク

②:資格(就職)目的だけど大丈夫かな?

大丈夫です。

いまの時代、医療国家資格を手堅いと考え、STを目指される方はいます。

ただ、やるべきことはやらないといけません。

先ほどの「3つのスキル」を意識しつつ、学びを怠らずです。

学びといえど沢山あります。
言語聴覚士の勉強をはじめ、社会のこと、対人のこと…。とりわけ自己啓発はかかせません。

 

詳しくはこちらで解説しています。

なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?【就職前に現状を知ろう】
なぜ言語聴覚士はやめたほうがいいのか?また、どんな人に向いているのか?現役の言語聴覚士が解説します。

» なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?|リハビリの質の低下

②のつづき:熱意が高くない人の方が向いているかも

あくまで個人の意見になります。

この仕事はあまり「熱意が高くない人」が向いてたりします。

それは熱意が強すぎることで視野が狭くなり、現場に出たときに、リアリティーショック(※)を受ける人がいるからです。

※理想と現実のギャップ

かづお
かづお

仕事に疲れ、辞めてしまうケースが多々あります。

STを続けられる人は案外「その世界にあまり期待しない人」だったりします。

このことは科学的にも証明されています。
» 科学的な適職

そういった方々の多くは現実に苛まれることなく、経験年数を重ねています。

スポンサーリンク

③:向いているか不安…でも、STに興味ある

その分野にも”向き不向き”はあります。

「思っていたより違うかも」…と、その世界に入ってはじめて気づくことはあります。

ただ、すでに医療職に興味をお持ちになった時点で、”志”はあると思うんです。

 

そして、最終的にどういった心境になるかどうかは、現場に立たないとわかりません。

実際に働いてみて、合わないかも…という人はいます。

逆に、天職じゃん!!と、日々充実している人もいます。

とりあえず、ST養成校のパンフレットを取り寄せて考えてみてください。

それもSTへの大きな第一歩といえます。

 

それと、

かづお
かづお

なぜ、言語聴覚士に興味をもったのか?

という気持ちは明確化しておくと、壁にぶつかった際に、自分の気持ちを整理しやすくなります。

④:病気があるけれど…なれるかな?

あまり無責任なことはいえませんが、個人的には向いている可能性があります。

そういうかたは多くの場面で”他者への共感力”が違う印象があります。

 

ちなみに私は「音声障害」という声が出にくい障害をもっています。

同級生にも、吃音や学習障害、摂食障害など、個性ぞろいでした。

言語聴覚士ではないですが、お医者さんにも「吃音ドクター」として有名な菊池先生がいます。

参考にしてください。

スポンサーリンク

さいごに

ここまでお疲れさまでした^^

言語聴覚士という比較的レアなお仕事にご興味をもった時点で、資質があるのでは?と、私は思います。

どんな悩みがあっても、STをめざすことに”間違い”はありませんよ。

ではでは。

 

▼こちらの記事も読まれています
» 言語聴覚士をめざす方は必見!気になる学生生活の様子をまるごと回答

STコラム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました