なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?【就職前に現状を知ろう】

STコラム

はじめまして!
言語聴覚士(ST)のかづおと申します。

言語聴覚士の情報はネットで検索すれば多数表示され、その多くは活気のある表向きなサイトばかりです。

しかし「言語聴覚士 やめたほうがいい」という情報も散見します。

かづお
かづお

なぜ、やめたほうがいいのか?

その理由について、現役の言語聴覚士が”忖度なし”でお伝えしていきます。

STをめざそうと考えている方、必見です!

スポンサーリンク

なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?【就職前に現状を知ろう】

まず初めに。

言語聴覚士は素晴らしい職業です。STの私が本心でそう思います。

花形なお仕事です。
人に誇れ、責任とやりがいに満ち溢れます。他人にも薦めたい職業です。

ですが、

かづお
かづお

知ってほしいことがある。

現実にある問題点を知ったうえで、STを目指してもらいたいと私は思うのです。

「言語聴覚士はやめたほうがいい」3つの理由

「なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいい」のか?

その代表的な理由を”3つ”お伝えします。

  • ①:給料があまり高くない
  • ②:職種によっては供給過多
  • ③:リハビリの質の低下

この3つはこれから言語聴覚士を目指すにあたり、”絶対”に知っておくべき情報です。

スポンサーリンク

①:給与があまり高くない

給与面からお話ししていきます。

リハビリ職の給料は低く、日本人の平均収入と比べてみても低い現状です。

  • 日本人の平均年収:440万円
  • リハビリ職の平均年収:390万円

職場によっては多少前後しますが、平均はこんなもんでしょうか。

ST(療法士)は医療職にも関わらず、平均収入は低いといえます…。

かづお
かづお

何故なのでしょうか?

リハビリテーション報酬は国が決めている

基本的に「リハビリの報酬」は国が決めており、私たちが勝手に変えることはできません。

ざっくりと説明するとこうなります。

  • リハビリの時間は決まっている
  • 20分(1単位)約2,000円
  • 1日の上限:6~9単位

ここで重要なのが、誰がやってもこの金額ということ。

かづお
かづお

1年目でも10年目でも同じです。

経験年数が高ければ報酬が増えるということはありません。

また、リハビリできる時間は決まっているため、一日の収益に限界があります。

稼げる額に限度があるということはその分、私たちに支払われる給料は低くなります。

 

▼療法士の”将来性”について具体的に解説しているサイトがあります

» 20代の理学療法士の給料はいくら?【給料面が不安なPT・OTが20代の内にやっておくべきこと】

タイトルは理学療法ですが、STを目指す人でも、知っておくべき情報です。

スポンサーリンク

②:職種によっては供給過多

「言語聴覚士」は令和2年の時点で約34,000人ほど。
少しずつですが増えてきています。

かづお
かづお

よく聞くのが理学療法士の将来性。

理学療法士(PT)は毎年1万人ほど誕生します。

そのため近い将来、人口比率(10万人)に対する療法士数は約3倍ということに。

ざっくりいうと、”もうそんなに必要ないよ”ということです。

 

平成29年度時点の有資格者数を見ていきましょう。以下の通りです。

  • 理学療法士(PT):約15万人
  • 作業療法士(OT):約8万人
  • 言語聴覚士(ST):約3万人

圧倒的にPTが多い現状。

これだけ有資格者がいると「就職はイス取りゲームだ!」なんていう声も見聞きします。

 

このはなしは事実なのですが、現場の声はどうなのでしょうか?

リハビリ職は”本当に供給過多”なのか?

個人的な意見ですが、私はそう思いません。

一部の病院に人手が固まる一方、地方だけでなく、都内でも常時募集している病院・施設が目につきます。

職場環境によって人手が定着しないケースもありますが、やはりどこもかしこも人為確保に躍起になっているのが現実です。

 

考えられる理由として、資格者数と現役で働き続けている人はイコールではないということ。

また、フリーランス療法士といった働きかたの多様化もあります。

スポンサーリンク

③:リハビリの質の低下

とても大切なお話しです。

かづお
かづお

業界の未来に関係するお話です。

昨今のリハビリテーションは「質」が低下しているという指摘を国から受けています。

人数が増えると、今度は質の問題が出てきます。

国としては「質の低い=効果がとぼしい」ものに医療費を掛けようとは思いません。

そこで2016年より、リハビリに支払う診療報酬を厳しめにするという改定案が出されました。

» 回復期リハのアウトカム評価

 

…これ、働いている人間からすると、けっこう厳しい話しです。

これでは私たちリハビリの仕事が「食べれない」職業になってしまう…!という危機感です。

 

このままではいけません…!
資格名に恥じない技能を持たなければなりません。

わたしたち言語聴覚士は、日々研鑽に取り組み、リハビリの質・技術を磨いていく必要があるのです。

余談:効果のあるリハビリが普及することで、最終的に医療費の削減という社会的なメリットが生まれます。
スポンサーリンク

【まとめ】なぜ、言語聴覚士はやめたほうがいいのか?

ここまでをまとめます。

  • 療法士の給与はそこまで高くない
  • 医療業界は社会保障に影響を受ける
  • リハビリの質を高める必要がある

重たい話しばかりしてしまいました…ごめんなさいmm

でも、現状を知ることはとても大切なのです。

かづお
かづお

熱意だけでは続かない仕事なんです。

STを目指す方は、
ここまでの話しを踏まえたうえで「自分に適した仕事」なのかどうか?考える必要があります。

 

…さて、本題はここから。

私個人が本当に伝えたいのは、
言語聴覚士として得られる「やりがい」についてです。

【やりがい】言語聴覚士として働くことの「楽しさ、すばらしさ」

言語聴覚士として働いてわかること。

それは働いている多くのSTが「やりがい」をつよく感じています。

かづお
かづお

やりがいは”幸福”に影響します!!

 

ただ、ひとえに「やりがい」といっても人それぞれですよね。

そこでやりがいを客観的に調査した研究をお伝えします。

スポンサーリンク

データでわかる療法士のやりがい「満足度が高い」

リハビリテーション職はやりがい(満足度)のある仕事だという研究結果があります。

医療・介護職にカテゴリーを絞り「やりがい」を調査したところ、以下のような結果が出ました。

  • 1位:助産師
  • 2位:保健師
  • 3位:言語聴覚士

» 参考先:医療・介護職「しごと満足度ランキング」|全40職種を発表

数ある医療職のなかで、言語聴覚士はなんと3位!

かづお
かづお

これには私も納得です。

 

また、外国の研究でも療法士がランクインしています。

シカゴ大学の2007年の『満足度の高い職業研究』では2位に”理学療法士”がランクインしています。

» 参考:科学的な適職

研究によると「感謝している人の声や表情を受け取れることができる仕事」ほど、満足度(やりがい)が高い傾向があるといます。

リハビリのお仕事はその最たる職業だといえます。

言語聴覚士の”やりがい”はどうなの?「わたしが伝えたい」こと

さて、言語聴覚士は「客観的にやりがいのある仕事」だということがわかりました。

かづお
かづお

私もそう思います。

では、実際にはたらいている人はどうなのか?

 

かづお
かづお

…ここからは私個人の意見ですが、

STとしてはたらくその全てが、尊い経験ばかりです。

  • ことばの理解が進む「失語症」患者さん
  • 自分で食べれるようになった患者さんの表情
  • 気管切開の方が、カニューレを付けて声が出た瞬間

ここには書ききれない思い出や感動、かけがえのない体験がたくさんあります。

これは忖度なく、私自身の本音です。

 

暗い話もしてきましたが、どの業界にも悩ましい部分はあります。

つらい事もときにはありますが、それ以上に喜ばしいお仕事だということを、あなたにお伝えします。

さいごに、言語聴覚士を目指す方へ

かづお
かづお

ここまでおつかれさまでした。

言語聴覚士に興味を抱いた…あなたへ。

STはすばらしいお仕事です。
ですが、物事にはかならず「向き不向き」があります。

目指そうとする業界の実情を知り、情熱だけではない、冷静な職業選択をすることも大切です。

言語聴覚士として、あなたの将来を応援しております。

では。

 

それと、こういった本もあります。
STを目指すうえで参考になるかもしれません。

STコラム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました