言語聴覚士を目指す前に知っておきたいこと【療法士の現状について】

言語聴覚士

こんにちは。言語聴覚士のかづおと申します。

言語聴覚士(ST)の情報はネットで検索すれば多数表示されます。

それらは学校法人などが運営するサイトがほとんどであり、呈の良い表面上の情報がたくさん書かれています。

情報としては良いのですが、言語聴覚士としての将来を考えるのであれば、踏み込んだ情報も知っておくべきだと私は考えます。

ここでは現実的な話を中心にお話ししつつ、
言語聴覚士が自分に適した職業なのかどうか考える機会になればと思います。

 

▼こちらも合わせて確認
»【新卒必見】ブラックな病院・施設にある10の特徴【情報・見学編】
»【新卒必見】ブラックな病院・施設が出す求人票の特徴【募集要項編】

スポンサーリンク

言語聴覚士を目指す前に知っておきたいこと【リハビリ業界事情】

さて、踏み込んだ話をしていきましょう。

残念なことにリハビリテーションの仕事はなにかと厳しい傾向にあります。

代表的な理由は以下の3つです。

  • ①:給料があまり高くない
  • ②:職種によっては供給過多
  • ③:治療技術の低い療法士の増加

この3つは言語聴覚士で働くにあたり絶対に知っておくべき情報です。

理由①:言語聴覚士を目指す前に:給与があまり高くない

リハビリ職の給料は低く、日本人の平均収入と比べてみても低い現状です。

  • 日本人の平均年収:440万円
  • リハビリ職の平均年収:390万円

» 参考:マイナビコメディカル

職場によっては多少前後しますが、平均はこんなもんでしょうか。
あくまで平均であり、数字にはバラツキがあります。

言語聴覚士は医療職にも関わらず、平均収入は低いといえます。

何故なのでしょうか?

リハビリテーションの報酬は国が料金設定をしている

リハビリテーションの報酬額は国の決定事であり、私たちが勝手に料金や時間を変えることはできません。

リハビリテーション料と時間についてざっくりと説明するとこうなります。

リハビリ料:1,500~2,000円
1回:20分(1単位)
1日の上限:6~9単位まで

誰がやってもこの金額。1年目の療法士でも10年目でもおなじ金額です。

収入(稼ぎ)が低ければ、支払われる給料も低くなるのは明白です。

理由②:職種によっては供給過多

言語聴覚士は令和2年の時点で約34,000人ほど。少しずつですが増えてきています。

一方、頻繁に聞くのが理学療法士(PT)の将来性です。

理学療法士は毎年1万人ほど有資格者が排出される資格だけに、近い将来、人口比率(10万人)に対する療法士数は約3倍ということに。

平成29年度時点の有資格者数を見ていきましょう。以下の通りです。

  • 理学療法士(PT):約15万人
  • 作業療法士(OT):約8万人
  • 言語聴覚士(ST):約3万人

圧倒的にPTが多いです。
すでに「就職はイス取りゲームだ」なんていう声も見聞きします。

リハビリ職は本当に供給過多なのか?

個人的な意見ですが、私はそう思いません。

一部の病院に人手が固まる一方、地方だけでなく、都内でも常時募集している病院・施設が目につきます。

職場環境によって人手が定着しないケースもありますが、やはりどこもかしこも人為確保に躍起になっているのが現実です。

考えられる理由として、資格者数と現役で働き続けている人はイコールではないということ。また、働きかたも多様化しているということ。

副業も兼ねつつ、労働の割合を分散化させている医療従事者が増えているのかもしれません。

理由③:治療技術の低い療法士の増加

これは業界の衰退につながる話です。

供給数が増えると、つぎに「質」の問題が出てきます。

リハビリの成果は国に管理されており、治療効果が認められない際には診療報酬が削減されるという案が国から発表されました。

» 回復期リハのアウトカム評価

療法士の供給数が増えることは悪いことではありません。

しかしながら治療効果が振るわないようであれば業界全体の衰退につながってしまいます。

自分の職域をまもるため、日々研鑽に取り組む必要があります。

スポンサーリンク

療法士(言語聴覚士)の現状【まとめ】

ここまでをまとめます。

  • 療法士の給料は高くない
  • 医療業界は社会保障に影響を受ける
  • 供給数は増加傾向
  • リハビリの質の低下は業界の衰退になる

いきなり重たい話しからスタートしたのでイヤになったりしていませんか。

熱意をもって言語聴覚士を目指す。
しかしそれだけではやり切れない仕事。

言語聴覚士を目指す方は、療法士の現状を踏まえたうえで、「自分に適した仕事」なのかどうか考える必要があります。

 

…さて、本題はここから。

私個人が本当に伝えたいのは、
言語聴覚士として働くことで得られる「やりがい」についてです。

言語聴覚士として働くこと【「やりがい」とは】

言語聴覚士として働いてわかること。

それは言語聴覚士を続けられる人の多くは「やりがい」を感じています。

ただ、ひとえに「やりがい」といっても人それぞれですよね。

ここからは言語聴覚士の適性ともいえる部分になります。話しを進めていきましょう。

データでわかる療法士のやりがい:満足度が高い

リハビリテーション職はやりがい(満足度)のある仕事だという研究結果があります。

シカゴ大学の2007年の研究では『もっとも満足度の高い職業ランキング』の2位に理学療法士がランクインしています。

  • 1位:聖職者
  • 2位:理学療法士
  • 3位:消防員

» 参考:科学的な適職

ランキング上位の職業はどれも『他人への貢献が分かりやすい職業』でした。

調査はアメリカ国土で実施されたものの、”貢献”という調査結果においては各国共通の認識といえます。

逆に満足度の低い職業は、工場での単純作業やレジ打ちなどでした。

「感謝している人の声や表情」を直接受け取れることができる療法士は、満足度(やりがい)が高い仕事だと考えられます。

言語聴覚士の”やりがい”はどうなの?

言語聴覚士の声はどうなのでしょうか。気になるところだと思います。

医療・介護職にカテゴリーを絞り「やりがい」を調査したところ、以下のような結果が出ました。

  • 1位:助産師
  • 2位:保健師
  • 3位:言語聴覚士

» 参考先:医療・介護職「しごと満足度ランキング」|全40職種を発表

言語聴覚士は3位にランクインしています。すごいです。

上位ランキングの考察としては、専門性や奉仕社会貢献などの自己実現に対する満足度が高いこと。また、小児へのアプローチ割合が高いことです。

この結果と同時に「課題点」についても挙げられていました。

満足度が高い一方、「社会的認知・地位」と「組織的な支援体制」に対する満足度は低い。

言語聴覚士は「やりがい」のある仕事ですが課題も残されています。

言語聴覚士に向いている人とは【適性とやりがい】

科学的にやりがいを感じられる仕事であっても、自分に不向きであればその限りではありません。

言語聴覚士に向いている人の「キャリア」とは

キャリアには2種類あるといいます。

  • 外的キャリア
  • 内的キャリア

 外的キャリアとは
「学歴・業界・職位」など、客観的にわかるキャリア。

 内的キャリアとは
「興味・関心・価値観」など、その人の心のうちにあるもの。

自分が将来なりたい「外的キャリア」を目指しても、「内的キャリア」とズレた選択をしてしまうと職業選択を誤ることになりかねません。

自らを正しく知ることで、主体的な職業選択が行えるのです。

詳細についてはリハビリテーション職種のキャリア・デザインをお読みください。

言語聴覚士を目指す前に知っておきたいこと【正しい職業選択】

ここまでおつかれさまでした。

言語聴覚士に興味があるといえど、仕事には向き不向きがかならず存在します。

目指そうと思う業界の実情を知り、そのうえで自分の適性に合った職業選択をすることが大切です。

現役の言語聴覚士としてあなたの将来を応援しております。

では。

 

▼こちらも合わせて確認
»【新卒必見】ブラックな病院・施設にある10の特徴【情報・見学編】
»【新卒必見】ブラックな病院・施設が出す求人票の特徴【募集要項編】

言語聴覚士
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました