【患者対応】リハビリらしいことができていないと悩む言語聴覚士へ

STコラム

こんにちは。かづおです。
2022年最初のブログを書いています。

先日、訪問リハの同僚がこうボヤキました。

「ぜんぜんリハビリらしい事できなくて…」

この一言だけだと状況は分かり難いですが、患者さんをどうにかしたいという気持は伝わってきました。

かづお
かづお

私も同じことを思うときがあります…。

ただ、なにをもって”リハらしい”と考えるのか?

そこで自分の気持ちや考えを書いていこうかと思います。

 

▼こちらも合わせて確認
» 新人言語聴覚士が実践したい勉強法【方法:報告書&バイザーを作る】
»【厳選】成人領域の言語聴覚士におすすめする臨床特化の本をご紹介!

スポンサーリンク

【患者対応】リハビリらしいことができていないと悩む言語聴覚士へ

同僚によると傾聴的なリハが続いており、訓練らしいことができていないとのことでした。

自身の”したいこと”と乖離しているらしく不安を感じていると。

「これでいいのかな…」と、イメージにあるST像との違いに悩んでいる様子でした。

かづお
かづお

若手のうちは悩みどころかも。

個人的には「これでいいのかな」と悩めているうちは、その対応で良いのではと思うのです。

なにごとも向上心のある人は、一定の不安が付いて回りますもの。

スポンサーリンク

患者さんにとってはリハビリよりも大切なものがある?

STが考える理想的なリハってなんでしょうか?

かづお
かづお

ベストな訓練ってあるのかな?

わたし個人はたぶん無いとおもっています。

もちろん評価上必要なプログラムは実施すべきです。
ですが、系統的な機能訓練ばかりがその人に合うとも限りません。

リハを構築するにもまずは土台作りからスタートという方もいますよね。

ゆっくり寄り添うところから進めていく…など。

とかく私は傾聴的な時間はかなり重要だと考えています。

ST側にとって「これってリハなのかな?」といったプログラムだとしても、患者さんにとっては必要な時間かも知れません。

ここですこし私個人の経験をお話していきます。

機能訓練に拒否を示したYさんへのリハビリ

私にとって思い出の患者さんです。

Yさんは重度の右片麻痺50代男性で、もともと先輩STが担当していました。

Yさんは次第に「リハビリが怖い…」と訓練を拒否されるようになり、その後、担当STを変更。

変更後は担当者の年齢や性別などを考慮し、後任には私が付くことになりました。

ここで結論をいうと、Yさんとのリハビリの多くはフリートークや外気欲などが中心で、系統的な訓練の割合は僅かだったといえます。

フリートークは系統的な訓練に含まないという意味ではありません。

「そういうケース(対応)もあるだろう」と思われるかも知れませんが、患者とセラピストとの総合的な相性は無視できません。

私はYさんと接するところからスタートしました。

リハビリでないような、STリハを通じて

はじめのうちはほとんど”リハビリらしい”ことができませんでした。

幸いかんたんな日常会話はできたので、お互い好きな趣味などを語り合う、まるで談話のような時間がつづきました。

かづお
かづお

ほんとうに楽しい時間でした。

ちなみにYさんがSTリハを拒否した理由は「機能訓練」そのものです。

「リハビリ=難しいことをやらされる」という心理的な負担を感じられてたのです。

このへんは高次脳的な影響もあるとは考えましたが、私のなかでは、Yさんにとって、人とのふれあいが何よりも大切な時間であったのだと感じています。

Yさんの涙

あくる日、Yさんと外気欲のため病院近くの広場へと向かいます。

いつもの様子と違うYさん。
Yさんはそこで急に泣き出してしまいました。

お、れ…良くなるの、かな…

涙ながら、たどたどしくもそういわれるYさん。私はなんて返事をしたか覚えていません。

ただただ沈黙の会話が続きました。

しばらくして私はYさんに、「ことばのリハビリをしてみませんか?」とつたえました。

この日以降、Yさんと機能的なリハビリを開始。

訓練室への参加にあまり抵抗感を示さなくなり、最終的には緩やかな改善へといたりました。

スポンサーリンク

ある先輩が感じた「リハビリらしさ」

Yさんとの関係はすこし出来過ぎたような流れですが、実際にあった感慨深い体験談です。

ここで、もうひとつお話しします。

とある先輩STの「リハビリらしさを実感できない」というお話しです。

口腔ケアばかりで

私の一つ上の先輩のはなしです。

先輩は新卒で療養系の病棟に配属され、リハのほとんどが嚥下でした。

当時、先輩は「嚥下は任せて!口腔ケアめっちゃ上手いから!」と優々に語る一方で、「ずっと口腔ケアなんだよね…」とぼやくことも。

なんというか、おなじことの繰り返しに慣れてしまい、その現状からリハビリらしさ(面白み?)を感じられていない様子でした。

このへんは慣れや好みといった、人それぞれの認識が生じるかと思います。

人それぞれのリハビリらしさがある

誤解ないように書き添えますと、口腔ケアは立派なリハビリです。

ですが、そのときの状況によっては自分が描いていた「ST像」と食い違うことがあるかも知れません。

先輩は翌年には回復期に転属され、よりSTとしての深みを学ばれます。

あれから数年が経ち、当時の嚥下リハの経験を活かして、現在では嚥下分野第一線で活動されています。

 

もし、現在のリハ環境に”なやみ”を感じられているのであれば、自分のしたいことと向き合い、その思いを上司や先輩に相談してみるのもありです。

人それぞれが持つ「リハビリらしさ」を再認識する、よい機会になるかもしれません。

かづお
かづお

一つの分野を極めるというのも!

スポンサーリンク

さいごに

Yさんとのリハや、先輩の体験談には感慨深いものがありました。

Yさんとの出会いにおいては、STがPT・OTにくらべ、養成校時代に心理的な科目が多く設けられていた理由を考えさせられます。

自分のリハビリに自信をもっていこう!と感じた出来事でした。

では。

 

▼人間関係や仕事への悩みはこちら

【必読】言語聴覚士におススメしたい自己啓発本をご紹介します
読書に精通している人は人間関係をうまく処理できます。その理由は読書から得られる知性です。

»【必読】言語聴覚士におススメしたい自己啓発本をご紹介します

STコラム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました