【患者対応】リハビリらしいことができていないと悩む言語聴覚士へ

STコラム

こんにちは。かづおです。
2022年最初のブログを書いています。

先日、訪問リハの同僚がこうボヤキました。

「ぜんぜんリハビリらしい事できなくて…」

この一言だけだと状況は分かり難いですが、患者さんをどうにかしたいという気持は伝わってきました。

かづお
かづお

私も同じことを思うときがあります…。

そこですこし自分の気持ちや考えを書いていこうかと思います。

 

▼こちらも合わせて確認
» 新人言語聴覚士が実践したい勉強法【方法:報告書&バイザーを作る】
»【厳選】成人領域の言語聴覚士におすすめする臨床特化の本をご紹介!

スポンサーリンク

【患者対応】リハビリらしいことができていないと悩む言語聴覚士へ

同僚によると傾聴的なリハが続いており、ほとんど訓練らしいことができていないとのことでした。

ほかにも「〇〇さんと話すことが生き甲斐!」という方もいるようで、訪問がほぼ談話時間になるとか。

PT・OTであれば運動療法など、双方それらしいリハ時間を過ごすことが可能でしょう。ですが、ST訓練の多くは机上ベースとなりやすい。

ST自身もつい「これでいいのかな…」と不安になりがちです。

かづお
かづお

とくに若手のうちは悩みどころでは。

個人的な意見ですが「これでいいのかな」と悩めているうちは、その対応で良いのではと思うのです。

なにごとも向上心のある人はつねに一定の不安が付いて回りますもの。

スポンサーリンク

患者さんにとってはリハビリよりも大切なものがある?

STが考える理想的なリハってなんでしょうか?

かづお
かづお

ベストな訓練ってあるのかな!?

わたし個人はたぶん無いとおもっています。

もちろん評価上必要なプログラムは実施すべきです。ですが、系統的な機能訓練ばかりがその人に合うとも限りません。

リハを構築するにも、まずは土台作りからスタートという方もいますよね。

患者さんによっては障害受容からスタートし、寄り添い、会話から進んでいく…

とかく私は傾聴や会話は、STにとってかなり重要な時間だと考えています。

たとえそれがST側にとって「これってリハなのかな?」といったプログラムだとしても、患者さんにとっては必要な時間かも知れません。

ここですこし私個人の経験をお話していきます。

機能訓練への拒否を示したYさんへのリハビリ

私にとって思い出の患者さんです。

Yさんは重度の右麻痺50代男性で、もともと先輩STが担当していた方でした。

Yさんは次第に「リハビリが怖い…」と訓練を拒否されるようになりました。その後、担当者を変更。

担当者の年齢や性別を考慮し、後任には私が付くことになりました。

さきに結論をいうと、Yさんとのリハビリの多くは自由会話や外気欲などでした。系統的な訓練の割合は僅かだったといえます。

「そういうケース(対応)もあるだろう」と思われるかも知れませんが、患者のナイーブな心情にはセラピストとの相性も絡んできます。

私はYさんと接するところからスタートしました。

リハビリでないような、STリハを通じて

はじめのうちはほとんど”リハビリらしい”ことができませんでした。

幸いかんたんな日常会話はできたので、お互い好きな趣味などを語り合う、まるで談話のような時間がつづきました。

ちなみにYさんがSTリハを拒否した理由は「機能訓練」そのものです。

「リハビリ=難しいことをやらされる」という心理的な負担が恐怖心へとなり…。

このへんは高次脳的な影響もあるとは考えましたがYさんにとってはまず、他者との和やかな時間が必要だったのだと感じています。

かづお
かづお

私とは男同士という相性もあったかも知れません。

すこしずつ心通わせ、最終的に「会話7・機能訓練2~3」の割合でSTリハを実施。

結果として全般的に機能改善へといたりました。

スポンサーリンク

さいごに

Yさんとのリハは感慨深いものがありました。

STがPT・OTにくらべ、養成校時代に心理的な科目が多く設けられていた理由がなんとなくわかります。

患者心理になぞらうリハビリであれば、たとえ”リハ的”でなくとも自信をもって進めていきたいと感じたものです。

では。

 

▼人間関係についての悩みはこちら

【必読】人間関係になやむ言語聴覚士は読書をしよう【哲学のすゝめ】
読書に精通している人は人間関係をうまく処理できます。その理由は読書から得られる知性です。

»【必読】人間関係になやむ言語聴覚士は読書をしよう【哲学のすゝめ】

STコラム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました