【失語症】臨床に役立つ参考書を一冊ご紹介【書籍内に動画解説あり】

STコラム

こんにちは。STのかづおです。
失語症はやりがいを感じる半面、”むずかしい”と感じませんか?

「どういったアプローチがよいのだろう…」と、東奔西走私ですが、とある一冊の参考書を読んでから一気に理解が深まりました。

そこではその本のご紹介となります。

かづお
かづお

訓練法に悩むSTの皆さん、必見です!

失語症臨床に役立つ1冊をご紹介

今回、参考にさせていただいた本はこちら。

参考書を読んで、わたしが「勉強になった~!」と感じた点は以下の3つ。

  • ①:言語モダリティーを活用した訓練法
  • ②:失語症状(迂言など)の有効活用化
  • ③:動画で理解を深められる

かる~くご説明します。

①:言語モダリティーを活用した訓練法

”言語モダリティー”に注目した訓練法の解説がとても参考になります。

たとえば音読が良好なら、書称で一部でも書けた文字を使用して音読からの発話といった、各モダリティーを活用するアプローチ法です。

かづお
かづお

これらを”音韻セラピー”といいますね

【失語訓練】音韻&意味セラピーについて調べてみました【文献情報】
失語症訓練でメジャーな「音韻・意味セラピー」について、文献でしらべて書いてみました。

»【失語症訓練】音韻&意味セラピーについて調べてみました【文献】

そのため、”失語症のタイプ分類”に固執せず、訓練法を学ぶことができます。

②:言語症状の有効活用化

目標とする表出にむけて、迂言や関連語などの言語症状を、”文脈的なヒントとして活用”する技法です。

以下、本文から引用。

たとえば、傘の絵に対して患者さんが「雨」といった場合、「雨の日にさすのは?」と導いたり…(中略)

「症状=障害」ではなく、患者さんの大切な”喚語力”として、目標語の表出に利用させてもらいます。

③:動画で理解を深められる

失語症臨床を「動画」で学ぶことができます。

動画配信ページ」で本に付属するパスワードを入力することで、動画にアクセスできます。

わたし的には、”呼称訓練”が大変勉強になりました。

”犬”を引き出すために「なんて吠えますか?」と誘導後、患者の発した「ニホンケン」という表出を利用して、STが「犬」と書き、音読をうながす。

かづお
かづお

どのように声掛けすべきか?勉強になります!

患者さんとの「会話」を学ぶには動画がベストです。

「言語報告書」記載の参考にもなる

この本では患者情報のまとめ方も同時に学ぶことができます。

観察・評価がコンパクトにまとめられているため、理解すべき要点がスムーズに頭に入ります。

言語報告書を仕上げる際の参考にもなりますよー。

では~

タイトルとURLをコピーしました