【転職】経験のある言語聴覚士が転職で意識すべき「2つ」のマインド

STコラム

こんにちは。
転職組のSTかづおと申します。

言語聴覚士といえば転職しやすい部類ですが、転職後の働きかた(マインド)にはすこし気をつけたいところ。

とくに注意すべきは”経験年数が高いひと”の転職です。

そこで転職言語聴覚士が注意すべき”2つのマインド”をお話しします。

①:転職先にある「ルール」を知ること

転職するとわかること。
それは、今まで自分の学んできたことと、転職先での”違い”です。

明らかに間違っているやり方は別にしても、転職先に根付くルールを、まずは理解する必要があります。

環境が変化すればこれまでの認識は別物になるからです。

これまでと新天地の”違い”を理解する

実際にあったはなしをします。

私の前職の病院では、とある経験年数の高い転職STと、現場の主任で意見が分かれ、問題に発展したことがあります。

かづお
かづお

その問題とはVF中に生じました。

端的にいうと、”喉頭侵入時のリスクをどこで線引きするか?”というものです。

実際にエビデンスのあるラインではあるものの、その病院では過去、VF後にいたたましいアクシデントが生じました。

その過去の経験から、VFのガイドラインが厳格化されたものの、転職STはそれを頑なに受け入れません。

それどころか転職STは、自身の嚥下力をアピールし、攻め込んだ嚥下治療の必要性を医師に訴えます。

職場の数だけ”考え”がある

この問題の善悪は別にして、説明すれば変化するものと、そうならないものがあります。

かづお
かづお

ましては「嚥下障害」です。

命の取り扱いを漠然としたルールで制定できません。

たとえ良かれと提案したことでも、転職先の事情を知らずに、我が道を突き通せば、その職場内では「危ない人物」として見られるようになります。

転職者に大切なことは決して断定的にならず、柔軟な意見を示すことです。

その姿勢をまわりは評価し、あなたという人物が理解され、頼りがいのある経験者として歓迎されます。

②:「他者ベース」の姿勢を持つこと

2つ目は「他者ベース(他者理解)」というマインドです。

これは、職場のパフォーマンスに影響をあたえ、とりわけ後輩への「指導・教育」に如実に表れます。

「価値基準」が他人にあること

他者ベースとは、”価値基準が他人にある人”といわれ、教育に余念のないSTには必要性の高い考え方です。

経験者はその経験から、後任の指導を任されるケースが多いでしょう。

ここで自己ベース優先の指導をする人は、案外後輩の成長を阻害してしまうかも知れません。

かづお
かづお

イギリスにこんなことわざがあります。

「馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない」
You can take a horse to the water, but you can’t make him drink.

これは、そのひとを導いたとしても、最終的に行動するかどうかはその人であるという意味。

もちろん自身の培ってきた経験を伝えるのはとても大切です。ですが相手は自分で考え、成長を望むST。

ときに行動する人の背中に”そっと”チカラ添えをする程度で良かったりします。

» 新人教育に悩む言語聴覚士に知ってほしいこと【コーチングのすゝめ】

【必読】経験年数のあるSTが読んでおきたい一冊の本

本記事のさいごに、おススメしたい一冊の本があります。

こちらです。

この本でおもしろかったのが、”転職を失敗する3つパターン”です。

  • ①:給料UPに惹かれ転職
  • ②:仕事の不満から将来性を考えず、逃避的な転職を繰り返す
  • ③:自己評価が高く、職場にある問題を、実は自分の問題だと気づけないケース

私は過去に「給与面」に惹かれ転職したことがあったのですが、職場選択をあやまり、半年で転職してことがあります…汗

それと…

かづお
かづお

③なんかは”地雷ST”ってやつです…。

職場にいるモンスター系のひとはこれだったりします。

この本を読んでいると、「そうだよな~」と思う反面、自分は大丈夫かな?という気づきなんかを得られます。

ぜひ読んでみてください。
ではでは。

タイトルとURLをコピーしました