【PR】当ブログでは広告リンクが含まれる場合がございます。

【頸部聴診法】VFのない病院での嚥下評価でSTが意識していること

STコラム

こんにちは。かづおです。

私は実習中の先生から言われた忘れられない一言があります。

VFのない病院での「嚥下評価」はどうする?

実際、VFのない病院で勤務した経験があるだけにこの言葉は金言になったわけです。

そして、そのときに役立ったのが聴診器。

かづお
かづお

そう、頸部聴診法です!

ここでは、頸部聴診法でわたしが意識している「3つのこと」を書いていきます。

本記事はいち言語聴覚士の見解であり、病態把握などの完璧な手引きではございません。ご意見、訂正依頼などございましたら「お問い合わせ」にてお聞かせください。
【呼吸訓練】呼吸リハビリテーションの学習に最適な入門書のご紹介
STにとって欠かせない「呼吸リハ」に最適な入門書をお伝えします。基礎~在宅までバッチリ網羅です。

»【呼吸訓練】呼吸リハビリテーションの学習に最適な入門書のご紹介

スポンサーリンク

【嚥下】VFのない病院での頸部聴診法でSTが意識していること

私が意識している「頸部聴診法(嚥下)」のポイントは3つ。

  • ①:既往歴の把握
  • ②:嚥下音・嚥下前後の音評価
  • ③:常に変化する病態という認識

もちろんこの限りではないですが、大切なポイントして書き記していきます。

文末にはVFを学べるリンク先もご紹介します。

1.「既往歴」の把握

言うまでもないですが、まずは既往歴。

「過去のCVA、手術歴、呼吸疾患、服薬状況、喫煙歴」など、既往を知らなければ『方針』は定められません。

  • 既往:前情報をまとめて
  • 現在:現状を捉えて
  • 未来:どうしていくのか?

嚥下は何かしら原因が積み重なり発症するといわれるので、既往歴と現状を『統合して考える』ように注意を払っています。

そこに「内科的情報(ラボデーター)」も忘れてはいけませんね。

かづお
かづお

病気の「根」を明らかにします。

もしも「長期目標がみえてこない」というケースでは、既往歴をよーく分析してみると目標設定の手掛かりが見えてきたりします。

2.嚥下音・嚥下前後の「音評価」

嚥下障害の中核症状は嚥下反射と押し込み(トリガーと咽頭クリアランス)です。

この2つバランスを、嚥下・呼吸の後音』で評価します。以下、嚥下音の生理学的考察です。

  •  最初のクリック音
    (食塊が食道入口部に達したとき)
  • 最後のクリック音
    (食塊が食道に入り切ろうとする瞬間)
  • 食塊の流動音
    (2つのクリック音の間)

嚥下時に「クリック音」のズレや消失、「アブノーマルな音(逆流音・湿性音など)」が聴取されることがあります。

そういった音が聴取されたのに「ムセない」ケースでは「silent」が疑われますね。

かづお
かづお

『胸部』の評価も抜かりなく!

肺雑音やAir入りの具合、それに肋骨の可動性など、呼吸器官をまるごとチェックしていきます。

咽頭のクリアランスの詳細はこちらへどうぞ。

咽頭クリアランス | 横浜嚥下研究会
【咽頭クリアランス要点】 R1.7.3一部更新咽頭クリアランスは①閉鎖②挙上と弛緩③接地と圧力の3つを覚えておくと便利です 下図の1-10を一つずつ評価し、問題を探します。11の嚥下圧は見えないものです。1-6の動きはこ…

» 咽頭クリアランス|横浜嚥下

3.嚥下障害は常に「変化する病態」という認識

これは頸部聴診法に限定した話ではないのですが、嚥下は「絶え間なく変化する病態」であることを忘れないようにしています。

この認識は患者だけでなく、ST自身のリスク回避にもなり得ます。

誤嚥性肺炎はどれだけ注意していても、silentやNHCAPなどもあり、全身状態によっては「あたりまえに繰り返す」病気です。

注意なのは、各種評価にあぐらをかき、家族や病棟に、むやみなポジティブアナウンスをしてしまうこと

嚥下をあつかうSTとして、肝に据えるようにしています。

VFを「動画」で見て学んでみる

嚥下造影検査の理解に役立てられる、リンク先をご紹介します。

VF(嚥下造影検査)画像 ~発声と正常嚥下~ | 横浜嚥下研究会
来訪してくださりありがとうございます。 本日は発声と正常嚥下について嚥下造影画像を提供いたします。被検者は健常者20代男性となります。嚥下メカニズムの理解にお役立て下されば幸いです。それではどうぞ。 発声時の透視画像(側…

» VF(嚥下造影検査)画像 ~発声と正常嚥下~

嚥下造影動画のご紹介 | 横浜嚥下研究会
当会の西山先生による嚥下造影動画がYouTubeにアップされました。内容は3つです。 1.嚥下造影検査のスローモーション動画 2.動画で見る脳卒中による嚥下障害の対応 …

» 嚥下造影動画のご紹介

わたしがお世話になった先生の解説サイトで、各種知識が満載のサイトです。

当サイトと「横浜嚥下研究会」との間に、利益関係は一切存在しておりません。

【参考書】頸部聴診法をトレーニングできる2冊

さいごに「頸部聴診法」をトレーニングできる参考書をご紹介します。

嚥下をあつかうSTの参考になれば幸甚です。

ではー。

【文献より】頸部聴診法の診断精度

頸部聴診法の診断精度はこちらの文献に記されています。

» 頸部聴診法|大宿 茂

 判定精度、一致率について

嚥下障害(喉頭侵入・誤嚥・咽頭残留)の有無を頸部聴診法で判別させた調査では,80%以上の一致率で判定できたと報告されている。

 感度特異度について

感度 90.8,特異度 92.3,判定一致率 91.0 の高い一致率で嚥下障害を判別できたと報告されている。

本記事執筆の参考にさせて頂いております。