【PR】当ブログでは広告リンクが含まれる場合がございます。

【小児&成人】認知訓練の導入にベストな本はコレ【症例報告あり】

参考書

「認知機能系」の本は数々ありますが、その中でも有名な「コグトレ」をご紹介します。

臨床ではどのように役立てられたのか?といったお話もしていきますので、どんな本を買えばよいのかお迷いのSTは一読どうぞ。

かづお
かづお

わたしは成人分野で活用しています。

スポンサーリンク

【小児&成人】認知訓練の導入にベストな本はコレ【症例報告あり】

「コグトレ」系の本といったら『宮口先生(精神科医)』の著書がとっても有名ですね。

紹介する本はこちらになります。

100ページほどの薄くてシンプルな「参考書&教材」です。

宮口先生といえば『ケーキの切れない非行少年たち』や『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』などで有名な児童精神科医です。

先生の語る「コグトレ」とはおもに、発達に問題がある「小児」へのトレーニング目的だったのですが、高次脳機能障害などの「成人」にも役立てられます。

コグトレの論理と構成

コグトレのおもな対象疾患は以下です。

  • 認知症
  • 高次脳機能障害
  • 発達障害
  • 統合失調症

これらの疾患を対象に「神経心理学的リハビリテーション」でのアプローチ法を学べます。

注目したいのは、アプローチしたい認知機能の賦活にはどんなアプローチをすればよいのか?が具体的に記されている点です。

認知機能別に「アプローチ課題」が用意されている

認知機能別にアプローチ課題が用意されています。

  • 記憶
  • 言語理解
  • 注意
  • 知覚
  • 推論・判断

たとえば、記憶へのアプローチでは、「何があった?」とか「最初でポン」といった各課題から視覚・聴覚性の記憶へアタックすることができます。

ほかには言語理解ならコレ、知覚ならコレ、といった具合に『どの課題がどの機能へアプローチしているのか?』しっかりと記されているので、課題作成の手間が省けます。

かづお
かづお

認知訓練のスタートに相応しい一冊。

それぞれの課題は、認知機能のベースとなる注意機能への賦活化も並行していると記されています。

課題はどのように手に入れるの?

それぞれの課題は付録の『CD』に、すべてPDFとして納められています。

ただちょいと思い悩むのが、CDは前時代的ですし、最近ではCDの挿入口すらないPCも出てきています。それに職場に外部ツールを持ち込むのも…。

できれば今後、ネットからの「パスワード → ダウンロード方式」にしてほしいところですが…。

かづお
かづお

先生、ご検討をお願いします。

【効果検証】コグトレを使った臨床経験のおはなし

コグトレをつかった私個人の臨床経験はどうだったのか?

とある高次脳機能障害の患者さんへの訓練効果をお伝えします。

結論として、それなりの効果があるのと考えられました。

Aさんの評価

長文を避けるために、手短にお伝えします。

  • 30代男性
  • 職業:SE
  • 診断名:多発性脳梗塞
  • 現病歴:高次脳機能障害
  • 神経心理学的所見:特記事項なし
  • 神経学的所見:左片麻痺
    (Brs:Ⅲ‐Ⅳ-Ⅲ)

患者さんの主訴は『社会復帰』です。

ですが、左USN、両側視野狭窄、色彩失認、など数々の問題点を抱えており、私が担当したときはすでに回復期を終え、廃用としての入院でした。

このときすでに、発症から7か月以上経っています。

精神機能、コミュニケーション、高次脳機能面

礼節さは保たれており、自身の趣味をSTに語ってくれることも多く、性格は温和。

音読は左端になるにつれて、読み飛ばしが目立つも、「この文章変だな…」といった気付きあり。ただし、声かけなどの誘導には正確性に欠けた。

書字や構成、色の認識は全体的に不十分だったが、物品を把持することで理解しやすいことが分かった。

TMTはAで8分。Bは中止だった。

生活場面では、自身の左側にある物品探索には時間がかかることが多かった。

コグトレでの訓練実施

訓練頻度は週7日。1日60分。

コグトレは「知覚」課題を中心に、視覚性記憶の向上による知覚のフォローを期待して「記憶」課題など、症状に応じたアプローチを実施。

高次脳機能訓練はSTがメインとし、身体機能はPT・OTが担当した。

最終評価

コグトレは約80日実施。

入院初期より左側への意識が向くようになり、声かけがあれば、左端まで完全に到達できるようになった。

ご本人も『あれ、文章変わりました?』と、読み飛ばしていた文字が把握できるようになり、訓練で”左半側への意識が拡大”しており、生活場面でも同様の様子がうかがえた。

構成は、平面や立体図の課題では構成力にまとまりがみられ、注意面では、Aの所要時間が6分と2分軽減した。

ただし、色の認識は十分とはいえなかった。

PT・OTからのフィードバック

高次脳機能訓練は『身体機能から』なんていう文言があるように、チーム医療による治療シナジーは言うまでもありません。

ただし、STリハを重ねるにつれ、歩行訓練中に左側への意識や、人とすれ違いに気づけるようになるといった、症状の変化への報告をいただきました。

とりわけコグトレ(STリハ後)→ 身体機能訓練は「注意への認識が違う」という報告を受けることが暫しありました。

コグトレを実施しての「感想」

若年のかたへのリハビリだったため、必ずしも「コグトレ」による治療効果かどうかは言い切れません。

とはいえ、発症から7か月経過してのリハ介入だったことを考えると、その僅かながらの変化は、患者主訴の『社会復帰』に幾ばくか近づけたのではと自負できます。

高次脳へのアプローチとして、症状別に課題を用意できるのはありがたいですし、難易度も患者さんによって決められるのはメリットだと思います。

ただし、机上の課題ですので訓練ベースとなる、集中力は必要になります。

若手からベテラン、小児・成人問わず、役立てられる本ですので、どの現場にも一冊、置いてみてはいかがでしょうか?

ではでは。