【読影力】脳画像の新しい勉強法を学べるおススメの参考書をご紹介

STコラム

こんにちは。
脳画像を見るのが好きなかづおです。

STにとって必須といえる脳画像の知識。苦手な人もいるかも知れませんが…

かづお
かづお

もう大丈夫です!

ここでは私が実際に読んで「読影力が高まった!」と実感できた、2冊の参考書をご紹介します。

 

※本記事はいち言語聴覚士の見解による執筆であり、病態把握などの完璧な手引きではございません。
ご意見があれば「お問い合わせ」にてお聞かせください。

【読影力】脳画像の新しい勉強法を学べるおススメの参考書をご紹介

ご紹介する2冊はこちら。

2冊とも”リハスタッフ”向けに書かれた参考書です。
先ずは脳画像をシンプルに解説している①からご紹介します。

その1:脳画像の見方と神経所見

かづお
かづお

こちらは脳画像学習の導入におススメ!

少ないページ数で、虚血性疾患をコンパクトに学ぶことができます。

「被殻出血ではこの部位が障害される」というような、”損傷部位と病名を対応”させて勉強することができます。

その2:脳画像の新しい勉強本

フルカラーでお値段4,000円台。
タイトルの通り、新しい知見が満載のすばらしい参考書です。

私的見解ですが、ここまで”言語聴覚士寄り”な参考書に出会ったことはありません。

”ST向け”な脳画像の学習本

読影力を高めるためには、病態と画像をリンクさせた学習が欠かせず、本書では2D・3D画像を駆使して神経ネットワークを覚えることができます。

ここまではどの脳画像参考書でも学ぶことができますが、この本を読んで驚いたのは「言語・高次脳」の解説があること。

喚語困難や錯語、それに嚥下障害までなどの症状は「どのネットワークの損傷で生じるのか?」という点まで掘り下げています。

従って、”症状”を脳画像で理解するのに最適な参考書といえます。

かづお
かづお

堅苦しいことば使いをしていないので、読みやすいですよ。

読影力が身に付くとわかること【予後予測】

高次脳は複雑で難解な分野ですが、少なくとも脳がわかれば、”予後”を知る手掛かりになります。

というのも、画像評価をしていくと「古い病変」が見えることがあります。

例えばそれが嚥下に関わる領域(島回など)に散在していた場合、いまは落ち着いているようにみえて、じつは水分誤嚥の進行なんかがあるかも知れません。

かづお
かづお

島回は水嚥下で賦活するためです。

また、現病は小さいのに認知症状が出ている場合、もしかしたら再発を繰り返した陳旧性病変の影響なんかも考えます。

脳画像の新しい勉強本の4章で詳しく解説しています。

病気の「質」は現場で評価できますが、脳画像により「量」を知ることで、患者さんの予後予測の見立てになるかもしれません。

ではー。

タイトルとURLをコピーしました