【読影力】脳画像の新しい勉強法を学べるおススメの参考書をご紹介

STコラム

こんにちは。
脳画像を見るのが好きなかづおです…結構すきです。

STにとって必須でもある脳画像の知識。苦手な人もいるかも知れませんが…

かづお
かづお

もう大丈夫です!

ここでは脳画像の知識を”圧倒的”に深めてくれる、2冊の参考書をご紹介します。

2冊とも同じ内容なのですが、「シンプル&より深く」で使い分けができます。

 

※本記事はいち言語聴覚士の見解による執筆であり、病態把握などの完璧な手引きではございません。
もし、ご意見のある場合はコメント欄にてご指摘くださいませ。

▼ディサースリアの「徒手的」アプローチ法の解説はこちら
»【参考書紹介】ディサースリアへの徒手的アプローチを実践した結果

スポンサーリンク

【読影力】脳画像の新しい勉強法を学べるおススメの参考書をご紹介

ご紹介する2冊はこちら。

2冊ともリハスタッフ向けの参考書です。

先ずは比較的シンプルに解説している①からご紹介します。

その1:脳画像の見方と神経所見

かづお
かづお

こちらは脳画像学習の導入におススメ!

ページ数はそこまで多くなく、”虚血性疾患の情報”をコンパクトに学ぶことができます。

「被殻出血ではこの部位が障害される」というような、損傷部位と病名を対応させて勉強することができます。

逆にいえば、「こと細かく説明している参考書はニガテ!」というSTにひと押しです。

▼こちらでも紹介しています

【厳選】成人領域の言語聴覚士におすすめする臨床特化の本をご紹介
成人領域のSTにおすすめする参考書を「分野別」にご紹介します。臨床力を高めたいSTは必読です。

»【厳選】成人領域の言語聴覚士におすすめする臨床特化の本をご紹介

スポンサーリンク

その2:脳画像の新しい勉強本

フルカラーでお値段4,000円台。
タイトル通り、新しい知見が満載のすばらしい参考書です。

私の知識範囲ですが、ここまで言語聴覚士よりな参考書に出会ったことはありません。

とても”ST向け”な脳画像の学習本

読影力を高めるためには、病態と画像をリンクさせて学習が欠かせません。

とりわけ「基準面(矢状・前額・水平)」による解説がとても丁寧で、2D・3Dを通じて神経ネットワークを覚えることができます。

なにより驚いたのは、”言語・高次脳”の解説があること。

喚語困難や錯語、注意障害などの症状は「どのネットワークの損傷で生じるのか?」という点まで掘り下げています。

かづお
かづお

嚥下領域の解説もあります!

従って、”患者の状態や症状を、脳画像で理解するのに最適な参考書”といえます。

 

それと、THE教科書的な堅苦しいことば使いをしていないので、とても読みやすいですよ。

かづお
かづお

「ミッ〇ー」や「サー〇ル」とか。

脳画像の新しい勉強本」おススメします。

スポンサーリンク

読影力が身に付くとわかること【予後予測】

高次脳は複雑で難解な分野ですが、少なくとも脳がわかれば、”いま”だけでなく、”未来”を知る手掛かりになります。

というのも、画像評価をしていくと「古い病変」が見えることがあります。

例えばそれが嚥下に関わる領域(島回など)に散在していた場合、いまは落ち着いているようにみえて、じつは水分誤嚥の進行なんかがあるかも知れません。

かづお
かづお

島回は水嚥下で賦活するためです。

また、現病は小さいのに認知症状が出ている場合、もしかしたら再発を繰り返した陳旧性病変の影響なんかも考えます。

脳画像の新しい勉強本の4章で詳しく解説しています。

病気の「質」は現場で評価できますが、脳画像を通じて「量」を知ることで、患者さんの予後予測の見立てになるかもしれません。

ではー。

 

▼失語の臨床力UPには「動画」がおススメです

【失語症】臨床に役立つ参考書を一冊ご紹介【書籍内に動画解説あり】
失語症アプローチを”臨床的”に解説されている本をご紹介していきます。訓練法に悩むSTは必見です。

» 失語症臨床にとても役立つ参考書を1冊ご紹介【訓練法を動画で解説】

STコラム
スポンサーリンク
Kazuo.blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました