【厳選】成人領域の言語聴覚士におすすめする臨床特化の本をご紹介

言語聴覚士

こんにちは。言語聴覚士のかづおです。
今回はSTの臨床に役立つ参考書をご案内します。

新人のころ、先輩方に勉強の質問をすると沢山の本をすすめられました。

かづお
かづお

でも、STの参考書って沢山あって迷いませんか?

今回は、私がいまでも臨床で助けられる参考書を「分野別に厳選」してご紹介します。
領域は成人分野です。

どの本を買えばいいか分からない方は参考にしてください。

 

▼こちらも合わせて確認
» 新人言語聴覚士が実践したい勉強法【方法:報告書&バイザーを作る】
»【言語聴覚士の転職】失敗しないために大切なこと【経験者ほど注意】

スポンサーリンク

【厳選】成人領域の言語聴覚士におすすめする臨床特化の本をご紹介!

本記事では以下の領域に対応する本を、厳選してご紹介します。

すべて成人領域になります。

  • 失語症
  • 高次脳機能障害
  • 嚥下障害
  • 運動性構音障害
  • 脳画像

それではご紹介していきます。

 

▼机上で参加できる勉強会もおすすめです
» PT.OT.STのための総合オンラインセミナー『リハノメ』

失語症

失語症はこの2冊が臨床をフォローしてくれます。

①:聴理解や呼称訓練の方法など、モダリティー別に失語症訓練の基礎を学べます。

②:訓練・治療に着目した『より実践的』な参考書になります。

 

ちなみに「失語症臨床ガイド」はそれぞれの症状別に解説しています。

「重度ブローカーの喚語と発語失行の訓練」
「感覚失語への意味を利用した単音節訓練」

「純粋失読への視覚系を対象にした基礎訓練」
…などなど…

この本の素晴らしいのが、一般的な訓練方法だけでなく、その患者さんに向けた独自の方法で訓練方法を紹介している点です。

まさに「訓練プログラムの辞書」といえます。

高次脳機能障害

臨床で大変お世話になった2冊です。

2冊ともそれぞれ、機能局在別の症状から訓練方法まで、わかりやすく丁寧に書かれています。

症状別に課題シートが掲載されており、2冊とも付録のDVDで印刷することができます。

 

基礎訓練から、日常生活への援助法まで網羅しているので、OTさんにも人気がある本です。

嚥下障害

嚥下の臨床には必須といえる2冊。有名どころです。

①:嚥下障害を観察するポイントや、その対応法を挿絵付きで分かりやすく解説しています。

②:その名の通り、聴診から嚥下病態を拾う、ガチのトレーニング本です。

素晴らしいのが、付録のDVDによる、嚥下の病態、VF・VE、嚥下音の解説です。

 

VFや嚥下音などは、その機会に恵まれないと学ぶことがままなりませんが、この本が悩み解決の手段となります。

運動性構音障害

この2冊を読むことで構音障害は、「徒手的なアプローチ」が必要なんだということが分かります。

運動性構音障害は音だけのアプローチでは足りないということが、痛烈に理解できます。

 

2冊とも、アライメントや筋トーンの調整など、神経・筋促通によるリハビリテーション法が記載されています。

机上訓練だけの構音訓練はこれで卒業です。
また、嚥下や呼吸訓練にも応用できます。

脳画像

療法士にとって必須である脳画像の知識を、この一冊でアップデートしちゃえます。

この本、ホント分かりやすくておススメです。

脳画像の種類や特徴から始まり、障害部位による神経症状など、画像付きでとても分かりやすくに書かれています。

まさに「百聞は一見に如かず」を表した参考書といえます。

それと、脳だけでなく、血管病変も紹介されています。

スポンサーリンク

成人領域の言語聴覚士におすすめする臨床特化の本|まとめ

ご紹介してきた本をまとめます。

一度買った本は捨てない限り、ずっと学ぶことができます。

これまで対応したことのない、病態の患者さんを担当したとき、参考書の存在がとても心強い味方になります。

教科書通りにいかない臨床だからこそ、ともに戦う味方を手元に置いておきたいものです。

ではではー。 

 

▼こちらも合わせて確認
» 新人言語聴覚士が実践したい勉強法【方法:報告書&バイザーを作る】
»【言語聴覚士の転職】失敗しないために大切なこと【経験者ほど注意】

コメント

タイトルとURLをコピーしました