【姿勢調整】摂食・嚥下リハの姿勢の意味や効果を調べてみた【文献】

STコラム
かづお
かづお

姿勢にはじまり姿勢に終わる…!?

ここでは「姿勢」の効果を記した文献をしらべ記録してみました。内容はシンポジウムの要約です。

文献熟読が忙しいSTでも、要点を得られるように記してあります。お役立てください。

 

※本記事はいち言語聴覚士の見解による執筆であり、病態把握などの完璧な手引きではございません。
ご意見があれば「お問い合わせ」にてお聞かせください。

参考文献:シンポジウム|摂食嚥下障害領域における姿勢調整の検証

【姿勢調整】摂食・嚥下リハの姿勢の意味や効果を調べてみた【文献】

姿勢調整の目的は重力や空間を操作して、食塊の通過経路&速度を変化させ、誤嚥を防ぐことだとされます。

文献上では「姿勢調整にて約8割の患者の誤嚥が軽減」という報告もあります。

姿勢調整には「リクライニング座位」「頭部回旋」「頭頚部の屈曲」の3つを解説しており、重要なポイントが記されていました。

1.リクライニング座位

リクライニング座位は、床面に対する体幹の角度調整で、”食塊移送を促進する”方法です。

 適応患者の例

  • 食塊の送り込み障害
  • 嚥下反射惹起遅延
    (食物の移送に嚥下が間に合わない)

咽頭から食道は緩やかな傾斜になり、食塊は咽頭後壁をつたわりやすく、誤嚥リスクが低減します。

※ただし、角度によっては”咀嚼効率の低下”が研究されています。

2.頭部回旋

頭部回旋は、頭部を左右に回旋して回旋側の梨状窩を狭め、反対側の咽頭に食塊を誘導する調整法です。

 適応患者の例

  • 咽頭機能の左右差
  • 一側性の喉頭不全
  • 喉頭閉鎖、食道入口部開大不全

※リクライニング位と頸部回旋の単純な組み合わせでは誤嚥のリスクが報告されています。

3.頭頚部の屈曲

「顎引き」や「うなずき」などと言われますが、文献では「顎を胸の方向に引く(頭部屈曲位)」で報告しています。

 適応患者の例

  • 喉頭閉鎖が不十分
  • 喉頭閉鎖のタイミング遅延

※顎を引くことで咽頭収縮力が低下し、食道入口部の開大が阻害される報告があり、梨状窩残留を認める患者では注意。

その姿勢「複合」しても大丈夫?【答え:危険性もある】

臨床では「リクライニング座位」に「頭部回旋」など、”複合”した姿勢調整をすることがあります。

ですが、単純な姿勢の組み合わせは”誤嚥リスクの可能性”があること教示しています。

複合姿勢の「検討&調整」

文献では複合姿勢として「リクライニング座位と頭部回旋」を単純に組み合わせた場合の検討をしていました。

そこでは食塊の多くが回旋側の梨状窩に貯留後に、反対側の梨状窩に押し上げられ、食道へ至るという報告がありました。

リクライニング座位のみでは、座位60°から45°と、しだいに後傾になるにつれ誤嚥が軽減された一方で、複合姿勢ではかえって誤嚥のリスクがあるとしています。

では、複合姿勢はどうすればよいのだろうか?

文献では、重力と空間をともにコントロールしたいときは、「食塊を誘導したい咽頭側に体幹を回旋させる」ことを検討してます。

つまり「頭部は正中のまま、体幹のみを回旋させる」対応ということです。

かづお
かづお

でも臨床ではどうやればいいの?

そこで「Swallow Chair」を活用してみる

頭部は正中のまま、体幹のみを回旋させる」支援策として「Swallow Chair」を推進しています。

画像引用:嚥下時の姿勢調整における評価訓練用椅子の有用性

この支援機器により、「体幹の回旋」が簡便に設定でき、左右いずれかの咽頭に効率のよい移送が行えるとのことです。

※メカニズムの詳細は文献をお読みください。

【重要】リクライニング座位は咀嚼効率を下げる!?

通常、私たちは座った状態で咀嚼しますが、リクライニング位では重量の影響を受けるため、普段とはことなる嚥下動態となります。

文献内では、”リクライニング位では咬筋の筋活動が小さかった”という報告があります。

また、理学療法の文献でも、リクライニング位30°と90°との間に有意差があるとしています。

参考文献:健常者の体幹および頭頸部の姿勢変化が咀嚼の効率に及ぼす影響

姿勢調整は患者によりけりの「対応」を

評価上、誤嚥リスクが少なく、咀嚼に問題がある患者であれば、リクライニング位よりも座位に近い姿勢の方が咀嚼効率がよいことが示されています。

もちろん、嚥下障害は複雑性のある病態ですので、それぞれに適した対応が治療のカギですね。

とかく固形物を開始する際は考慮したいポイントとして記してみました。

嚥下障害に参考になるかも知れない「記事紹介」

 VFのない環境下での嚥下評価です

【頸部聴診法】VFのない病院での嚥下評価でSTが意識していること
VFのない病院での嚥下評価、とくに頸部聴診法について意識している3つのことを書いていきます。

»【頸部聴診法】VFのない病院での嚥下評価でSTが意識していること

 VF読影で学んだことを書いてみました

【嚥下臨床】VFの画像解析について調べてみました【文献情報】
「VF」の解析方法をくわしく述べた文献をしらべて、要約してみました。嚥下臨床に役立つ内容です。

»【嚥下臨床】VFの画像解析について調べてみました【文献情報】

ではー。

タイトルとURLをコピーしました